企画・エッセイ » 記事概要一覧

私が千葉徳洲会病院へ赴任して、早1年9か月が経過いたしました。

この間、2回も脳出血で倒れ、皆さま方にご心配をお掛けし、誠に申しわけございませんでした。

幸い、適切な治療、リハビリにより、院長職に復しております。日常生活も以前と同様となっております。2003年に患った心筋梗塞、脳腫瘍ともうまく共存いたしております。小児期より、さまざまな病気とともに生きて来た私ですので、これからも病気との闘い、共存を続けていく覚悟でおります。

[ .. 全文表示へ ]

1月15日20時00分 156

2017年も私のつたないエッセイをお読み続けていただいたことに、あらためて感謝申し上げます。

本稿の連載を始めてこの原稿が974回になりますので、今年中には1000回に到達します。

個人的には、いろいろな方から1000回記念の行事をやったらどうかというお話をいただきますが、これは房日新聞社のご意向をきかないといけないと思っています。

本稿の連載を続けてこられたのは、読者の皆さまの励ましのおかげと感謝申し上げます。

[ .. 全文表示へ ]

1月9日20時00分 279

2017年12月21日の毎日新聞に、「高齢者のごみ出し」支援 自治体を調査へ」という表題の記事を見つけ、興味深く読みました。というのは、現在、私が住んでいる船橋市高根台という地区は、UR(旧住宅公団)が建てた賃貸マンションが林立している地区で、私は時々、この地区の住民がこのまま年を取っていってしまったら各家庭でのごみ出しが将来的には問題になるだろうな、と考えていたからです。

[ .. 全文表示へ ]

12月25日20時00分 509

私はこれまでいろいろな病院に勤務してきましたが、勤務期間としては、国公立病院、大学病院よりも民間病院での勤務期間が明らかに長くなっています。

もっとも長かったのは、皆さまよくご存じのように、亀田総合病院での20年間です。松波総合病院での3年10か月も、優れた民間病院での勤務経験として、私の人生に大きな好影響を与えてくれました。そして現在の千葉徳洲会病院でも、また新しい経験を積ませていただいており、日々進化できているのを感じております。

[ .. 全文表示へ ]

12月18日20時00分 563

2017年12月5日午前9時26分に配信された読売新聞の記事に、「医師残業、年1777時間も…過労死ライン常態」という表題のものがありました。

昨今では、働き過ぎ、過労死問題などが大きく報道され、ワーク・ライフ・バランスの重要性が強調されています。産業医の講習会では、メンタルヘルスチェックという言葉が頻繁に出てきます。

[ .. 全文表示へ ]

12月11日20時00分 646

看護師集めの条件の違いについて思う

私が亀田総合病院を卒業して千葉徳洲会病院へ赴任して、早1年9か月が経過いたしました。

この間、2回も脳出血で倒れ、皆様方にご心配をお掛けし、誠に申しわけございませんでした。

幸い、適切な治療、リハビリにより軽快し、現在では元気に院長職に復しております。日常生活も以前と同様となっております。2003年に患った心筋梗塞、脳腫瘍ともうまく共存いたしております。小児期より、さまざまな病気とともに生きて来た私ですので、これからも病気との闘い、共存を続けていく覚悟でおります。

[ .. 全文表示へ ]

12月4日20時00分 758

私は今年の4月26日に、昨年6月8日に次いで2回目の脳出血を患って以来、学会があっても、司会などの仕事はお引き受けしないようにしてきました。自分の脳が司会の仕事をするのに十分働かないことを恐れていたからです。

しかし、最近はかなり調子が良くなってきたような気がしておりましたので、11月23日より3日間の予定で開催されております、日本臨床外科学会での司会の仕事をお引き受けしておりました。

[ .. 全文表示へ ]

11月27日20時00分 600

大相撲の世界から日本人横綱がいなくなって久しくなり、寂しい思いをしていた日本人が多かった中で、稀勢の里の横綱昇進が実現し、大相撲の世界にも明るさが戻ってきたかと思っていた最中、人格高邁なはずの横綱が起こした暴力事件が明るみになり、日本国民および世界の多くの相撲ファンが大きなショックを受けたことでしょう。私もその1人です。

これまでにも相撲界には不可解とも思える暴力事件があったことは周知の事実でしょう。

[ .. 全文表示へ ]

11月20日20時00分 666

神奈川県座間市のアパートの一室で、男女9人の遺体が発見された事件には驚愕(きょうがく)いたしました。死体遺棄容疑で警視庁に逮捕された住人の男(27)は入居後のわずか2か月間に全員を殺害したと供述しているとのことで、犯罪史上、類のない残忍かつ異常な事件として後世に語り伝えられるのではないかと思います。

[ .. 全文表示へ ]

11月13日20時00分 757

最近、気づいたのですが、新聞、雑誌などでは、自殺問題を報道する際に、「自殺」という言葉を使わないようになったのですね。代わりに「自死」という言葉が使われています。

どうしてこんな言葉の入れ替えをしたのだろうと不思議に思いましたが、確かに「自殺した」というよりも「自死した」と言った方が、やさしく聞こえますね。子どもを亡くした親御さんにとっては、あそこの子は自殺した、と言われるよりも、自死したと言われた方が、ショックが少なくて済むような気がします。

[ .. 全文表示へ ]

11月6日20時00分 832
Copyright (C) 2007 Bonichi. All Rights Reserved