ニュース » 新着記事一覧
里海博のチラシ

館山市沖ノ島を中心に海辺のエコツーリズムを実践する「NPO法人たてやま・海辺の鑑定団」(竹内聖一理事長)は24日、「里海博2019 館山の海と沖ノ島と自然環境を考えるシンポジウム」を、渚の駅たてやまで開催する。各種体験やトークイベントなど子どもも大人も楽しめる内容。参加無料で、来場を呼び掛けている。

館山の海、沖ノ島の自然を知り、感じてもらいながら、貴重な自然環境を将来にわたって守っていく方法を市民と一緒に考える機会とし、台風で大きな被害を受けた沖ノ島の復興に向けた取り組みにもつなげようと開催する。

[ .. 全文表示へ ]

11月19日20時00分 48

農林水産物の展示即売など

第11回南房総市産業まつり(同まつり実行委員会主催)が24日、同市千倉町平舘の千倉漁村センター周辺広場で開かれる。市内農林水産物の展示即売や友好都市の特産品販売、ステージ発表があり、多くの来場を呼び掛けている。午前9時半〜午後3時。

市内の商工、観光、農水産業者らが新鮮な農産物、海産物を即売。地元の商店など29業者、市内の組合や高校など21団体が出店する。また、同市の7つの友好都市がブースを構え、特産品を展示、販売する。

[ .. 全文表示へ ]

11月19日20時00分 76
定期預金「きずな」のチラシ

災害復興型定期 「きずな」を販売開始

館山信用金庫(利田秀男理事長)は、災害復興支援定期預金「きずな」の取り扱いを始めた。通常より金利優遇で、預金することで災害時の地域への支援物資配布にもつながる。

利田理事長は「先の台風15号で、当金庫が自ら被災した時に、災害用支援物資の重要性を改めて痛感した。地域金融機関として、災害時の地域に対する支援として、定期預金の募集を通じて地域の皆さまのためにお役に立ちたく、商品化した」と思いを語る。

[ .. 全文表示へ ]

11月18日20時00分 217
作品を鑑賞する入館者=鴨川

23人が絵画や陶芸など90点

鴨川市の長狭高校美術部卒業生による第14回OB・OG展が、鴨川市民ギャラリーで開かれている。自らが巣立った地で、多くの人たちに鑑賞してもらおうと、隔年で開く美術展。絵画を中心に約90点が並び、市民や卒業生らが足を運んでいる。

伝統と歴史を持つ同校美術部の出身者は、約500人。展示会は、プロとして、または趣味で創作活動を続ける卒業生たちが、OB・OG会を組織し「青春を過ごした鴨川の地で作品展を」と回を重ねてきた。

[ .. 全文表示へ ]

11月18日20時00分 194
情報を更新する参加者ら=館山

市民ら26人で情報を更新 館山

インターネット上の百科事典「ウィキペディア」に地域の情報を記録する「ウィキペディアタウンin館山プレイベント」(チーム千葉県主催)が9日、館山市図書館で開かれた。台風被害を未来に役立てようと図書館員や編集経験者を中心に地域内外から26人が参加して、同事典の情報を更新した。

ウィキペディアとは誰もが記事を作成・編集でき、無料で閲覧できる、世界有数の閲覧数のあるインターネット上の百科事典。当日は、市民が地元の情報を同事典に作成・編集するイベント「ウィキペディアタウン」が予定されていたが、相次ぐ台風被害で延期に。しかし、「館山を応援する気持ちを込めて、台風被害を記録しよう」との声が上がり、プレイベントという形で開催することになった。

[ .. 全文表示へ ]

11月16日20時00分 365
改訂版の南房総バスマップ

南房総市は、同市や館山市内を走る路線バスを中心とした公共交通の路線をまとめた公共交通ナビ「南房総バスマップ」を作成した。8000部をつくり、同市企画財政課や市民課、各地域センターで、無料配布している。

平成28年3月につくられたマップで、今回は、在庫が少なくなったことや、北三原線、白浜亀田線、千倉線、白浜千倉線にルート変更が発生したため、改訂版として作成した。

[ .. 全文表示へ ]

11月16日20時00分 428

南房総市は、UIターン者を対象にした「UIターン者就業奨励金」制度を実施している。条件を満たすと1人当たり20万円が交付(1回限り)される。

地方創生の取り組みのひとつで、移住・定住や雇用の拡大などを図るため、今年度から市の独自事業としてスタートさせた支援制度。

安房地域を除く全国から、今年4月1日以降市内に転入する50歳未満で、職業安定所の紹介で6か月以上継続して事業所で正規雇用されていることなどが条件となる。

奨励金の額は20万円で、1人につき1回限りとなる。今年度は600万円の予算を組んだという。

問い合わせは、南房総市商工課(0470―33―1092)へ。

11月15日20時00分 310
金賞の茅野君、小川さんの作品(左から)

金賞に茅野君(嶺南小2年)と

小川さん(白浜小4年)

共同募金会南房総市支会が南房総市内の小学生を対象に募集した「赤い羽根募金箱コンクール」の審査がこのほど、同市千倉保健センターで行われた。応募された99点の力作の中から、低学年(小学1〜3年)の部で茅野正宗君(嶺南小2年)、高学年(小学4〜6年)の部で小川ひかりさん(白浜小4年)の作品が最高賞である金賞に輝いた。

[ .. 全文表示へ ]

11月15日20時00分 286
通算300勝を達成した際の山賀選手

競輪S級山賀選手の講演も

鋸南町教育委員会はあす16日午後1時半から、鋸南中学校体育館で「鋸南町教育の日」のイベントを開く。2部構成で、第1部が表彰式、第2部では、鋸南町出身で競輪のトップクラスS級1班で活躍中の山賀雅仁選手を招き、講演会を予定している。

教育の大切さとこれからの教育の在り方について考え、真に教育の充実した町を築くことを目的として、11月第3土曜日を町教育の日に制定している。

[ .. 全文表示へ ]

11月14日20時00分 413
総会であいさつする石井市長=香川

法人化後の初総会で

第8回全国道の駅連絡会の総会がこのほど、香川県宇多津町にある「ユープラザうたづ」で開かれた。一般社団法人化後、初の総会で、会長で代表理事である南房総市の石井裕市長が議長を務めた。

連絡会は、これまで任意団体だったが、道の駅をより推進しようと、民間企業や各種団体と連携し、地域活性化に向けたさまざまな取り組みを行っていくため、今年、法人化された。

[ .. 全文表示へ ]

11月14日20時00分 384
Copyright (C) 2007 Bonichi. All Rights Reserved