ニュース » 新着記事一覧
イベントのチラシ

来月10日に体験型イベント

館山青年会議所(館山JC)は7月10日、子どもたちにSDGs(持続可能な開発目標)を身近に感じてもらおうと、SDGsをテーマにした体験型イベントを、南房総市の富山ふれあいスポーツセンターで開催する。小学5・6年生を対象に参加を募っている。

SDGsの達成に向けて地域の機運を盛り上げようと取り組んでいる館山JC。今回は、子どもたちにSDGs達成に向けた取り組みを身近に感じてもらおうと体験型のイベントを企画した。

[ .. 全文表示へ ]

6月24日20時00分 68
七段に昇段した星野氏=南房総

安房柔道会の副会長を務める星野淳氏(61)=南房総市白浜町白浜=が、講道館による柔道の段位認定で昇段試験に合格し、七段に昇段した。六段以上の有段者の紅白帯を締め、「身の引き締まる思い」と話した。

七段へ昇段できる機会は2年に1度。形の評定や、全国高段者大会の結果、修行年数などから、合否が決まるという。

星野氏は、平成21年に六段に昇格。この10年間で、年に1度行われる同大会六段の部で、勝利を重ねてきた。得意技である巴(ともえ)投げでの一本勝ちで、技術優秀賞を2度受賞。1大会で数人しか受賞できない賞に、2度も輝いたことが、昇段につながった。

[ .. 全文表示へ ]

6月24日20時00分 91
ジビエカレーを提供する岡戸美智子さん=鴨川

弁当店調理師・岡戸さん

ジビエ料理の魅力をPR

鴨川市清澄の工房きよすみ&カフェ(村尾佳子責任者)で20日、地域住民らが1日だけシェフを体験する取り組み「1dayシェフ」があり、同市横渚の弁当・総菜屋「みっ子ちゃんのおそうざい」の調理師・岡戸美智子さん(63)が参加。シカ肉やイノシシ肉を使った「GBEカレー」などを提供し、来客20人にジビエ料理の魅力をPRした。

[ .. 全文表示へ ]

6月23日20時00分 220
接種会場で交通安全を呼び掛ける警察官=館山

待機時間利用して講話

新型コロナワクチンの集団接種開始に合わせて館山署(高橋信安署長)は20日、接種会場となっている館山市の安房地域医療センターで交通安全講話を実施。接種後に待機する高齢者らに交通安全を呼び掛けた。

コロナ禍の影響で高齢者の集まりが減り、同署では高齢者に対する交通安全講話などを実施できずにいたが、多くの高齢者が訪れる集団接種会場を活用して、高齢者らに交通安全を呼び掛けようと企画。

[ .. 全文表示へ ]

6月23日20時00分 192
公開フォーラムのチラシ

7月4日に公開フォーラム

NPO法人環境パートナーシップちばが主催する、SDGs(持続可能な開発目標)・ESD(持続可能な開発のための教育)公開フォーラム「みんなでつながる地域拠点を創ろう」が、7月4日午後1時から南房総市のとみうら元気倶楽部で開かれる。さまざまな地域課題を解決する拠点づくりをしようというもので、今月28日まで参加者を募集している。

フォーラムは、SDGsやESDの認知度を広め、SDGsを達成するため、さまざまに活動する個人や団体、取り組みをつなぎ、地域課題を解決するための地域拠点づくりを目指そうという。

[ .. 全文表示へ ]

6月22日20時00分 273
茅の輪をくぐる参拝者=館山

館山市の安房神社で30日に行われる「夏越の大祓(なごしのおおはらえ)式」を前に、茅を編んでつくった「茅の輪」が社務所前に設置された。参拝者が厄よけや無病息災を願い、茅の輪をくぐっている。

大祓は6月と12月の年に2回行われ、半年のうちについた穢れ(けがれ)や厄をはらい清め、次の半年間を無事に過ごせるようにと願う神事。

[ .. 全文表示へ ]

6月22日20時00分 279
サイクルロゲイニングのチラシ

鴨川市のスポーツコミッション「ウェルネスポーツ鴨川(ウェルスポ鴨川)」は、地図に示されたチェックポイントを巡るアウトドアスポーツ「ロゲイニング」を、自転車で行う「鴨川サイクルロゲイニング『鴨川夏ロゲ2021』」を、7月24日から8月31日まで開催する。

ロゲイニングは、地図をもとにチェックポイントを巡るスポーツ。各ポイントには得点が設定されており、競技時間内にできるだけ多くのチェックポイントを訪れ、獲得した点数の合計で順位を競う。

到達難易度が高いチェックポイントほど高得点となっており、参加者は効率的に巡るための戦略を立てるなど、ゲーム要素も楽しむことができる。

[ .. 全文表示へ ]

6月21日20時00分 258
おはらいを受ける神輿の「大天王」=館山

関係者集め祭典開く

令和元年の台風15号で大きな被害を受けた館山市の布良崎神社で、傾いていた社殿と損壊していた神輿「大天王(おおてんのう)」の修復が完了した。修復の済んだ神輿を一目見ようと多くの地区住民、関係者らが集まる中、19日には修復完了報告の祭典が執り行われた。

同神社では布良崎神社神輿修復委員会を中心に、集まった寄付金と建物の保険金を基に、被災した社殿、神輿3基、神輿蔵の修復をおととしから3年越しでの再建計画を立てており、昨年7月には、全壊した神輿蔵を先駆けて再建している。

[ .. 全文表示へ ]

6月21日20時00分 387

公募委員2人を募集

鴨川市は、現在進行している総合計画と総合戦略の効果を検証するため、産業、行政、教育、金融、労働、報道関係者ら15人以内で構成する総合計画審議会を立ち上げることになり、公募委員2人を市民から募集している。

総合計画は、行政運営における最上位に位置付けられ、市が目指すまちの将来像を達成するための政策、施策などを定めるまちづくりの指針=B総合戦略は地方創生を進めるための方針や事務事業を定めている。

同市では現在、平成28年にスタートした第2次総合計画を実現するための後期5か年計画(今年度から令和7年度)と、令和27年度に約3万人の人口を維持する展望を踏まえた地方創生の取り組みをまとめた総合戦略(同)が進められている。

[ .. 全文表示へ ]

6月19日20時00分 345
護身術を教えるよくし隊レディ「あおぼーし」=鴨川

鴨川署員やあおぼーしを講師に

鴨川署と県警本部のよくし隊レディ「あおぼーし」による防犯講話が18日、鴨川市の亀田医療技術専門学校であり、1年生約70人が、犯罪に巻き込まれないための心得や護身術を学んだ。

「あおぼーし」は、女性や子どもの犯罪被害防止に取り組んでいる、県警本部の女性警察官や少年補導専門員ら。

講話では、「あおぼーし」の2人が、痴漢や盗撮、下着窃盗などの被害に遭わないための心得として▽歩きスマホはやめる▽大声を出すだけでなく「警察呼んで」「助けて」などと叫ぶ▽ブザーなど防犯グッズを活用する▽エスカレーター、エレベーターでは盗撮などを警戒▽下着は室内に干す、不用意に窓などを開けっぱなしにしない――などアドバイス。

[ .. 全文表示へ ]

6月19日20時00分 286

各ページに掲載の記事・写真・図表など無断転載を禁じます。著作権は房日新聞社または情報提供者に属します。

Copyright (C) 2007 Bonichi. All Rights Reserved