ニュース » 新着記事一覧
スポーツを通じたまちづくりを語る北本GM・総監督=鴨川

スポーツ通じたまちづくり語る

女子サッカー「オルカ鴨川FC」の北本綾子GM・総監督による講演会が20日、鴨川市横渚の亀田医療大学みずきホールで開かれた。同市商工会が主催。北本氏は「スポーツを通じたまちづくり〜地域と共に〜」と題して語った。

「スポーツ交流都市」として、各種産業が一体感を持ってまちづくりに取り組んでいく気運を高めようと企画された。オルカのサポーターや市民、亀田郁夫市長ら約70人が集まった。

[ .. 全文表示へ ]

5月26日20時00分 111
マイナスイオンあふれる新緑の不動滝=鴨川

鴨川

安房の名瀑の一つ、鴨川市四方木地区にある不動滝が、新緑の見ごろを迎えた。休日には、弁当を手にした親子連れ、カラフルなリュックを背負ったハイカーの姿がある。

県道市原天津小湊線の四方木バス停から東に1`ほどの場所にある不動滝。高さ約10b、幅約8bの夫婦滝で、向かって右側が「雄滝」、水量が多い時のみ姿を現す左側が「雌滝」と呼ばれている。

[ .. 全文表示へ ]

5月26日20時00分 153

任期満了に伴う鴨川市議会議員選挙(定数18)はあす27日、鴨川小学校など25か所で投票される。開票は同日午後9時から市役所4階会議室で、大勢の判明は11時過ぎになる見込み。7日間の選挙戦も終盤を迎え、各陣営では最後の票の掘り起こしに奔走。選挙カーから流す「お願い」コールにも熱がこもっている。

定数を2減し、18議席で初の選挙は現職15人と新人6人による3人オーバーの激戦となった。20日にスタートした本戦≠焉Aはや終盤となり、各陣営では地縁血縁を頼りにした基礎票固めと、選挙カーを使った浮動票の取り込みに必死だ。

[ .. 全文表示へ ]

5月25日20時00分 313
並べられているサツキ=イオンタウン館山で

あすまで

日本皐月協会館山支部(仲山虎男支部長)の「さつき展示会」が25日、館山市のイオンタウン館山で始まった。色鮮やかなサツキ25点が展示されている。あす27日まで。入場無料で多くの来場を呼び掛けている。

支部が設立された昭和55年から続けられている恒例の展示会。新芽が出る前の樹形が楽しめる2月と、花が咲く5月に開催しており、会員らが丹念に育てた盆栽を展示している。

今回は会員7人が丹精した作品の中から厳選した25点を出品。白や紫、赤の色鮮やかな花が会場を彩り、来場者の目を楽しませている。時間は午前10時から午後6時(最終日は4時)まで。

[ .. 全文表示へ ]

5月25日20時00分 151
情報発信サイトを開設したTEAM南房総のメンバー=南房総

CS講座修了の女性16人で

南房総市が主催したクラウドソーシング(CS)について学ぶ講座を修了した女性たちが「TEAM南房総」(赤川美幸代表)を立ち上げ、情報発信サイト「南房総 ex―press〜みなぷれ〜」を開設した。学んだ知識を生かし、市内事業者の取り組みをはじめ、広く安房地域のイベント、子育て情報などをメンバー独自の視点で紹介している。市によると各自治体によるCS講座受講生によるサイトの立ち上げは全国的にも珍しいという。

[ .. 全文表示へ ]

5月24日20時00分 310
ソラマメの詰め放題をする来場者ら=JA安房鴨川支店で

多くの人でにぎわう

鴨川市のJA安房鴨川支店で19、20日、農協まつりとアンパンマン撮影会・握手会があり、多くの人でにぎわいを見せた。

JA安房の鴨川地区4支店と共済部が主催。ソラマメの詰め放題やうどん、蒸しパンなどの試食コーナー、焼きトウモロコシ販売など多彩な内容で盛況だった。

【写真説明】ソラマメの詰め放題をする来場者ら=JA安房鴨川支店で

5月24日20時00分 233
山荻お助け隊のメンバー=館山市山荻

市内初 有償ボランティア

地域支えあいのまちづくり活動として館山市山荻区(石井長太区長)で22日、買い物やごみ出しなど高齢者の身の回りの困りごとを手助けする「山荻お助け隊」が発足した。地域住民による有償ボランティアで、市内では初めて。隊員9人で活動をスタートさせた。

高齢化が進み、高齢のひとり暮らし世帯も増える中、困っているお年寄りを、地域の人が出来る範囲で手助けしようという取り組み。気兼ねなく利用できるよう有償の形とした。

[ .. 全文表示へ ]

5月23日20時00分 323
JAPANグランプリの南房総市版のチラシ

「ミルクブリュレ」「漁師メンチ」「南房総まるごとクッキー」

6次産業化や農商工連携で開発された商品を集めての「にっぽんの宝物JAPANグランプリ2018」が、6月1日に東京・港区のカレッタ汐留で開催される。南房総市から近藤牧場の「ミルクブリュレ」、アルガマリーナの「漁師メンチ」、南総エコロジーの「南房総まるごとクッキー」が出品され、地方大会を勝ち上がった商品とともに、グランプリを争う。

コラボレーションで開発された商品をにっぽんの宝物≠ニして広くPRしようと、農商工連携のコンサルティングやプロデュースをしている、アクティブラーニング代表取締役の羽根拓也氏がプロデュースしている大会。

[ .. 全文表示へ ]

5月23日20時00分 330
多言語観光サイト開設をPRするチラシ

東京五輪 見据え

南房総市は、外国人観光客の南房総地域への誘客を図ろうと、多言語に対応した観光サイト「Tokyo Day Trip Chiba Peninsula」を開設した。開設をPRするためのチラシも5000部作成し、都内や近郊の観光施設で配布、利用を呼び掛けている。

市内にはこれまで、外国語に対応した外国人向けの観光サイトが無かったことから、新規に制作することで2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向け、東京から2時間弱という好立地を生かし、外国人観光客の誘客を推進しようという狙い。

[ .. 全文表示へ ]

5月22日20時00分 264
富士山をバックに走る選手ら=館山市平砂浦で

館山市の平砂浦海岸を舞台にした「第4回平砂浦10マイルビーチ駅伝」が20日あり、20チームが砂浜でたすきをつないだ。

平砂浦の認知度を高めて地域活性化を図ろうというイベント。1チーム5人で、1周3・2`の砂浜の周回コースを、5周する16`(約10マイル)で争った。

[ .. 全文表示へ ]

5月22日20時00分 373
Copyright (C) 2007 Bonichi. All Rights Reserved