ニュース » 新着記事一覧
南房総の活用案を考えたサロン=東京・新宿

南房総市はこのほど、東京・新宿にあるシェアオフィス「HAPON新宿」で企業・起業家交流イベント「南房総2拠点サロン 南房総×企業」を開いた。首都圏から二地域居住者や起業家、市に関心のある人など25人が参加。南房総にゆかりのある大手企業職員をパネリストに市の活用案を話し合った。

「南房総市が好きだ」という都市部の人たちを集めたファンミーティング≠ニして開かれているサロン。これまでは移住や教育などをテーマに行っているが、9回目となる今回は、将来的な企業進出や起業を視野に入れた市の活用アイデアを探ろうと、「企業」をテーマに設定した。

[ .. 全文表示へ ]

3月25日20時00分 62
記念植樹をする関係者=鋸南

30周年の節目祝う

長野県辰野町との友好都市提携が30周年を迎えた鋸南町へこのほど、辰野町民43人がバスで訪れた。歓迎行事や記念植樹などで、30年の節目を祝った。

一行はまず、町中央公民館で鋸南中学校吹奏楽部の演奏で歓迎を受け、菱川師宣記念館や道の駅保田小学校の見学、佐久間ダム公園では満開の頼朝桜を楽しんだ。

[ .. 全文表示へ ]

3月25日20時00分 53

外房エリアへのアクセス向上

鴨川市と館山道君津インターチェンジのアクセス道路となっている鴨川有料道路と、房総スカイライン有料道路(無料通行措置中)が、4月21日から無料道路となる。これにより両道路を利用した外房エリアへのアクセス増が期待される。

県土整備部道路計画課と県道路公社が20日、発表した。料金徴収期間が、今年4月20日で満了となることから、翌21日の午前0時から無料となる。これに伴い、両道路の管理は県道路公社から県へと移管される。

[ .. 全文表示へ ]

3月23日20時00分 398
多田さんとシラハマ校舎=南房総

空き校舎の利活用などで 南房総

南房総市白浜町滝口の「シラハマ校舎」が、第25回県建築文化賞の一般建築物の部で優秀賞を受賞した。応募75点の建築物や住宅の中から選ばれた。安房地域で唯一の受賞となった。19日に千葉県庁で表彰式があり、関係者が出席。賞状を受け取った。

県建築文化賞は、建築文化や居住環境に対する県民の意識の高揚と、潤いと安らぎに満ちた快適なまちづくりを推進することを目的として、平成6年度に創設。部門を「一般建築物の部」と「住宅の部」の2つに分け、「最優秀賞」「優秀賞」「入賞」の3つの区分で表彰を実施している。

[ .. 全文表示へ ]

3月23日20時00分 231
選定された巴橋=館山

明治期の石造アーチ橋評価

県立現代産業科学館「伝えたい千葉の産業技術100選」に、今年度新たに館山市犬石にある「巴橋」が選定された。明治期建設の石造アーチ橋であることが評価された。

県内各地にある産業の歩みを物語る数多くの技術について、関心を高め、地域の理解に結び付けていこうという取り組み。

平成27年度から毎年度選定を進めており、今回新たに巴橋を含む8件を加え、計32件となった。

[ .. 全文表示へ ]

3月22日20時00分 306

4月11日に参加店向け説明会

あいおいニッセイ同和損保が、県南地域の自治体や商工団体、企業とタイアップして展開する「房総いいねスタンプラリー」が、9月15日から11月4日までの50日間の日程で開催されることになった。参加店舗などを募集しており、4月11日午後2時半から3時半まで、鴨川市の文化体育館で説明会が開かれる。

地域、業種を超えた多くの参加店でスタンプラリーを開催することで、観光客らの房総周回、新規集客を促進するとともに、参加店同士のつながりを力に変えて、房総を全国にアピールしていこうという取り組み。

[ .. 全文表示へ ]

3月22日20時00分 313
閉校に合わせてつくられた手拭い=南房総

関係者ら手拭いで配る

南房総市の和田小学校が今年度で閉校するにあたり、同市和田地区の庄司政吉商店(つ印)の庄司眞敏さん、庄司節子さん、庄司操さんが同校の校歌が入った手拭いをつくった。1300本が、学区内で全戸配布された。

きっかけは、昨年11月に逝去した外房捕鯨(同市和田町仁我浦)の会長、庄司博次さんの四十九日法要の会食の席に、同校の閉校が話題になったことから。「先代の庄司政吉の時から、さまざまな場面でお世話になった和田小に何かできないか」と集まった親戚や地域住民らが考えた。

[ .. 全文表示へ ]

3月21日20時00分 290
つぼみを開かせたソメイヨシノ=館山の城山公園で

館山市は20日、城山公園のソメイヨシノが開花したと発表した。昨年より3日遅い開花宣言だが、例年に比べると早めの開花だという。

約400本のソメイヨシノが植栽される同公園は、サクラの名所。市は児童遊園にある標準木で、毎年開花日を観測している。同日夕に5輪以上の開花を確認した。

開花から見ごろまで1週間から10日間ほどとされており、3月末には見ごろを迎えそうだという。市では見ごろに合わせて28日から31日まで、夜間(日没から午後9時まで)のライトアップも予定している。

[ .. 全文表示へ ]

3月21日20時00分 314

元看護協会研修学校長

竹股氏を保健医療参与に委嘱

鴨川市は、建て替え事業が進む市立国保病院の看護体制の強化をはじめとする、保健医療行政の総合的な推進を図ることを目的に、新たに保健医療参与に元日本看護協会看護研修学校長の竹股喜代子氏(70)=東京都=を委嘱した。

専門的な立場から▽保健医療施策の総合的な推進▽国保病院の運営▽国および県の関係機関、安房二次保健医療圏の保健医療機関、関係団体などとの総合調整、連携推進――に関することについて助言、提言、必要な支援をする。

竹股氏は昭和45年、東京大学医学部付属看護学校を卒業。虎ノ門病院、癌研病院の勤務を経て57年から60年まで渡英し、英国看護師免許を取得し、小児看護専門コースを修了。

[ .. 全文表示へ ]

3月20日20時00分 315
アイデアを出し合った発表会=東京・新宿

起業家向けのローカルビジネス講座「南房総2拠点大学」の今年度最終回がこのほど、東京・新宿にあるシェアオフィス「HAPON新宿」で開かれた。都市部を中心に市内外から36人が参加。5つのテーマに分かれ、約半年間かけて考えたそれぞれのアイデアや実践結果を発表し合った。

南房総市が地方創生の取り組みの一環として実施した。「働く場」や「仕事をつくる場」をつくり出し、移住者や雇用の増加を図り、地域経済の活性化につなげようという目的。

[ .. 全文表示へ ]

3月20日20時00分 300
Copyright (C) 2007 Bonichi. All Rights Reserved