ニュース » 新着記事一覧
サミットのチラシ

サミットに鴨川も参加へ

天皇陛下即位に伴う重要儀式「大嘗祭(だいじょうさい)」が11月に執り行われるのを前に、明治から平成にかけての悠紀(ゆき)斎田と主基(すき)斎田ゆかりの有志が一堂に集う「ゆき・すきサミット」が21日、東京・明治神宮の神宮会館で行われる。明治の主基斎田に選ばれた現在の鴨川市からは、約50人が参加する予定で、保存活動の状況などを報告する。

大嘗祭は、天皇が即位後初めて行う新嘗祭(にいなめさい)。東日本代表の悠紀と、西日本代表の主基が選ばれ、その斎田で育てられた新穀が供えられる。

[ .. 全文表示へ ]

9月17日20時00分 63
災害ごみの状況を聞く小泉環境相(右)=南房総市役所駐車場で

「日常取り戻すまで全力尽くす」

台風15号の甚大な被害を受け、小泉進次郎環境相が16日、南房総市役所本庁駐車場の災害ごみ仮置き場を視察した。

同市では14日から、市役所本庁駐車場の他、旧平群小学校と旧南三原小学校のグラウンドで、屋根瓦や金属トタンなどの災害ごみを受け入れている。

[ .. 全文表示へ ]

9月17日20時00分 97
支援物資を渡すパンフィレさん(左)=南房総

台風被害を受けた地域の助けになればと、地域で育った若者らの有志約20人が「南房総復興大作戦」と銘打って13日、被災した地域を回り飲料水や食料、日用品などを配布した。

同作戦の発起人のパンフィレ・エルさん(28)=南房総市出身=が、被害の情報をニュースなどで知り「お世話になった地域の人たちが困っている、何かできることはないか」と思い、地元で働いてる友人や東京の友人などに声を掛け有志らで結成した。

[ .. 全文表示へ ]

9月17日13時40分 336
停電の中、雨漏りする豊?さん宅=館山市布良で

大気の状態が不安定となった影響で、安房地域では16日の未明から強い雨が降り、館山市と南房総市では土砂災害警戒情報が出された。

銚子地方気象台によると、館山で16日午前0時の降り始めから午後1時までの雨量は127・5_、午前9時から10時までの1時間で27・5_と強い雨を記録した。

その他、午後1時までの雨量は、鴨川で88・5_、鋸南で66_だった。

台風15号による強風の被害が大きく、いまだ多くの世帯で停電が続く館山市布良地区では16日、土砂降りの雨が市民生活に追い打ちをかけた。

[ .. 全文表示へ ]

9月17日13時36分 216

台風15号による停電について東京電力パワーグリッドは13日、安房4市町では復旧にかかる期間が2週間以内となる見通しを示した。現状でも住民は厳しい状況に追い込まれている中、さらに長期化する見込みで、深刻な影響が懸念される。

停電の復旧までの見通しについて同社では、地域全体でおおむね復旧が見込まれる期間として@3日以内A1週間以内B2週間以内――の3つの区分に地域分け。安房の4市町はいずれもBの地域に区分された。2週間以内とされたのは安房地域だけ。

[ .. 全文表示へ ]

9月14日20時00分 911
避難所で過ごす人ら=南房総

南房総

台風の影響で避難所となっている南房総市の白浜コミュニティセンターでは、9日の開設から毎日30人ほどが寝泊まりしているという。

白浜地区では、ほぼ全域で断水、一部の地域で停電が続いている。避難所は、通電しているものの、断水状態が続いているが、避難者の多くが、停電で空調が使えないため、暑さを避けようと避難所を利用しているという。12、13日は、気温がだいぶ下がったが「足が悪いので、暗い家の中を歩くのは不安」といった理由で、寝泊まりを続ける高齢者の姿もあった。

[ .. 全文表示へ ]

9月14日20時00分 611
電柱を巻き込み道路をふさぐ倒木=鴨川の仲地区で

全面通行止めでう回

台風15号による倒木の影響で、鴨川市仲の国道410号線が全面通行止めになっている。復旧作業を急いでいるが、14日午前9時現在で目途が立っておらず、近隣住民や通行車はう回を余儀なくされている。

同道路は、南房総市丸山地区〜鴨川市長狭地区をつなぐ国道で、長狭側には鴨川市立国保病院がある。

現場は、山の斜面に生えていたスギの木が、何本も電柱を巻き込みなぎ倒されていた。

安房土木事務所鴨川出張所によると「開通については現在、東電とNTTによる電力の復旧作業中。復旧し次第、倒木を撤去する予定」という。

[ .. 全文表示へ ]

9月14日20時00分 1,074

10月に鴨川市民ギャラリーで開催される「房総の児童・生徒選抜100人書道展」の作品募集が締め切られた。集計の結果、今回は南房総地域の小中高校生から合わせて561点が寄せられた。今後、審査を行い上位各賞が決まる。

元高校教諭の川嶋毛古さんを代表に教え子たちが集まり、書の研さんを行っている古郷書法院が主催。地域書道の活性化や新しい書文化の発信、若い才能の発掘、書に対する興味関心を高めることなどを目的に平成23年から開催、今年で9回目となる。

[ .. 全文表示へ ]

9月13日20時00分 339
隊員の案内で風呂に向かう住民ら=館山

台風15号による停電が続いているのを受け、海上自衛隊館山航空基地が11日から、基地内の隊員用の風呂を開放し、多くの住民が訪れている。

風呂の他、洗濯、休憩、携帯の充電サービスなどの支援もしており、12日には619人が訪れた。

館山市大神宮の岩間康徳さん(76)は「暑い中、倒木の処理などの作業をしていたのでお風呂に入りかったので、ありがたい。さっぱりしました」と話していた。

時間は午後1時から7時までで、期間は近隣市の停電が復旧するまで。

問い合わせは、海自第21航空群司令部(0470―22―3191)へ。

【写真説明】隊員の案内で風呂に向かう住民ら=館山

9月13日20時00分 727
「ふるさとチョイス」のホームページ

台風15号の強風により、甚大な被害を受けた安房4市町では、ふるさと納税での寄付募集を始めた。サイトによると12日正午時点で、4市町に計2262件、総額1934万円余りが全国から寄せられており、寄付金は災害支援に充てられる。「一日も早い復旧を」など、応援メッセージも続々寄せられている。

安房地域一帯では多くの場所で、強風による電柱の倒壊や、屋根が飛ばされるといった被害、停電や断水などが発生した。

[ .. 全文表示へ ]

9月12日20時00分 1,090
Copyright (C) 2007 Bonichi. All Rights Reserved