ニュース » 新着記事一覧
作成されたサイクルガイドブック

エリア別モデルコースなど紹介

サイクルツーリズムの推進に向け、安房の4市町の各観光協会、行政でつくる「南房総観光連盟」は、南房総エリアのサイクリングモデルコースやおすすめスポットなどを紹介するサイクルガイドブック「南房総 花海街道deじてんしゃ旅」を作成。都内のサイクリングショップや海ほたるPAなどの施設で配布している。

[ .. 全文表示へ ]

5月24日20時00分 126

6月7日から3会場で

南房総市教育委員会は、市内小学校で行っている米飯給食を提供する「給食レストラン」を、市内生産者(農家ら)を対象に開催する。6月7日、28日、7月9日の3会場で開店≠キることにしており、予約を受け付けている。

「日本一おいしいご飯給食」をキャッチフレーズに、平成23年から地元産のコシヒカリや食材を使った和食中心の完全米飯給食を行っている同市。郷土への愛着を養おうと、地産地消にもこだわったメニューを子どもたちに提供している。

[ .. 全文表示へ ]

5月24日20時00分 120

経済効果と健康生活の実現目指す

スポーツを活用したまちづくりを進める鴨川市は、「産業に波及するスポーツ施策」という視点で「スポーツを通じた地域振興基本計画〜スポーツビジネスによるウェルネスシティ鴨川の実現〜」を策定した。

観光や農漁業、商業、医療・福祉に加え、スポーツを通じた新たな交流促進による「新産業と雇用の創出」と、市民スポーツ活動の拡大による「健康で質の高い生活の実現」を目指している同市。

[ .. 全文表示へ ]

5月23日20時00分 193
船形地区連合区長会で発表する八代理事長=館山

有志とNPOが計画発表

「地域が主役のまちづくり」を掲げる「船形空き家活用プロジェクト」が館山市船形地区でスタートした。事業主体となる地域住民の有志と移住促進団体NPO法人おせっ会(八代健正理事長)が19日、同区連合区長会(大和地紀昭会長)で計画の概要を発表した。

[ .. 全文表示へ ]

5月23日20時00分 356
昨年度の名品づくりグランプリの様子=南房総

南房総市は、地域の食材を使って開発した新商品を競い合う「南房総名品づくりグランプリ」を今年度も開催することになり、同イベントの企画・運営をする事業者を募集している。プロポーザルにより選定を行うことになっている。参加希望者は今月27日までに、意思表明書を提出する。

農商工連携や6次産業化によって生み出される商品を、広くプロモーションすることで、商品の素材となる市内農林水産物の生産拡大と、第1次産業従事者の所得向上を図ることを目的に、国の地方創生推進交付金を活用し、2016年度から開催している。

[ .. 全文表示へ ]

5月22日20時00分 212
「北条海岸ビーチマーケット」のチラシ

最大の100テント出店へ

「海辺で過ごす休日」をテーマに、飲食や雑貨の出店や体験を楽しむ「北条海岸ビーチマーケット」が6月2日午前10時から、館山市の北条海岸芝生広場で開かれる。イベント開催以来最大の約100テントが並ぶ予定で、各種ステージや景品付きの野菜クイズもあり、多くの来場を呼び掛けている。

官民協働の館山市海岸活性化プロジェクト推進協議会(小割洋一会長)が主催。海岸に人が減る6月と11月にイベントを開催し、にぎわいを創出しつつ海岸の利活用方法を提案している。

[ .. 全文表示へ ]

5月22日20時00分 339

12月から5か年で公募開始

館山市は、12月から館山城、城山公園などで指定管理者制度を導入する。民間のノウハウでより魅力的な城山エリアにしようという。16日から指定管理者の公募を始めた。

市のランドマークの館山城と城山公園の管理運営をまとめて任せ、民間の企画力で、魅力をさらに引き出し、市民や来訪者へのサービス向上、地域経済の活性化につなげるのが狙い。

市民の憩いの場としての機能など現状の市民サービス水準を維持しつつ、例えば城での結婚式、夜間開館、公園内にバーベキュー場、観光バスツアーの利便性向上のための駐車場の予約サービス、ドローンを使った挙式撮影などさまざまな事業展開が期待される。

[ .. 全文表示へ ]

5月21日20時00分 367
韓国の一行と石井市長ら=南房総

「今後も友好関係を保ちたい」

韓国・大田(テジョン)広域市西区議会の議員ら10人が、南房総市に視察に訪れた。南房総市内の各種施設を視察した他、石井裕市長や飯田彰一議長、堀江洋一観光協会長らとの交流会も行われ、互いの議会運営や観光について意見を交わした。

[ .. 全文表示へ ]

5月21日20時00分 314
有害鳥獣駆除について語る土田さん=館山

まちづくりに関心のある人が集い交流する「里まちMeet Up」(同実行委員会主催)が17日、館山市のJR館山駅東口前の房州第一ビル(旧サカモトビル)1階で開かれた。飲食やスイーツ、生鮮食品などの出店があり、9人のゲストが登壇する会合に約120人が参加して親睦を深めた。

食のまちづくりや有害鳥獣の有効活用、リノベーションまちづくりをテーマとして同市の地域おこし協力隊を中心に有志が企画。都市部のIT業者などがリモートワークをしながらバカンスを楽しむ「Living Anywhere week in 館山 Vol.1」の最終日でもあり、都市住民との交流も育まれた。

[ .. 全文表示へ ]

5月20日20時00分 431
買い物客らでにぎわう会場=館山

旬の農産物、地元食材を使った軽食などを直売する「館山まるしぇ」がこのほど、館山市稲の特設会場であり、約2000人の買い物客らでにぎわった。

食の魅力をPRしようと定期的に開催されているイベント。「軽トラ市」には20店舗、フリーマーケットには21店舗が出店。地元産農産物などの直売、軽食の販売などの他、ソラマメのつかみ取りをする店舗もあり、袋いっぱいに詰めて持ち帰る買い物客の姿も見られた。次回は9月21日に開催予定。

【写真説明】買い物客らでにぎわう会場=館山

5月20日20時00分 398
Copyright (C) 2007 Bonichi. All Rights Reserved