ニュース » 新着記事一覧

地方創生で優れた企画

南房総市内にある「とみうら(枇杷倶楽部)」をはじめとする8つの道の駅が24日、国土交通省の「重点道の駅」に選定された。優れた取り組みを支援しようというもので、8つの駅で連携しての次世代型の道の駅≠ノ向けたリニューアルの企画が評価されたという。

地方創生の核となる特に優れた企画を選定し、重点的に応援しようと、同省が平成26年度から続けている支援制度。

地方創生や地域活性化の拠点の形成などを目指した道の駅の新たな設置、リニューアルなどの企画提案を募集。全国から30件の応募があり、今後の支援で効果的な取り組みが期待できる15か所の駅が選定された。

[ .. 全文表示へ ]

1月29日20時00分 127
植樹する関係者ら=鋸南

植樹で広がる絆確認

超早咲き種も100本

鎌倉幕府を開いた源頼朝の縁でつながる「源頼朝観光推進協議会」(会長・大森道明鎌倉市観光協会長)と静岡県伊豆の国市観光協会から、鋸南町に早咲きのカワヅザクラの苗木300本の寄付があり、同町の保田川沿いで28日、関係者による植樹式があった。冷雨の中、関係者が苗木を植え、頼朝の縁で広がる絆を確認した。

鋸南町はカワヅザクラを「頼朝桜」と命名。町内全域にすでに1万4000本を植栽している。本場・河津町を上回る本数となり、早咲き桜の名所となっている。

[ .. 全文表示へ ]

1月29日20時00分 118

事前に税理士無料相談も

令和元年分の所得税の確定申告の受け付けが、2月17日に始まる。館山税務署(高山昇署長)では、同署1階に申告書作成会場を開設し、申告書の作成、相談を受け付ける。e―Tax(国税電子申告・納税システム)で申告もでき、台風などの災害で被害を受けた人は、所得税の軽減措置を受けられる場合がある。期間は、3月16日まで。

国税庁ホームページの「確定申告書作成コーナー」では、パソコンやスマートフォンで申告書の作成ができ、マイナンバーカード方式またはID・パスワード方式でe―Taxによる送信ができる。

[ .. 全文表示へ ]

1月28日20時00分 188
福桝の準備をする僧侶ら=清澄寺で

願いの墨書きで僧侶ら大忙し

節分を前に、鴨川市の日蓮宗大本山清澄寺(金子日厚別当)では、縁起物の福桝(ます)づくりが行われている。僧侶が、五角形の桝に祈願者の願いを墨書きするなど準備を進めている。

同寺の福桝は、四角形ではなく、五角形なのが特徴。「悟り」と「覚り」の意味を持つ「悟覚(ごかく)」と五角をかけた縁起物で、1辺が約30a、深さ約12a。

[ .. 全文表示へ ]

1月28日20時00分 192
一斉にスタートするフルマラソンの出場者=館山

館山市の一大スポーツイベント「第40回館山若潮マラソン」(市、市教委など主催)が26日、市民運動場を発着とするコースであった。冷たい雨の降る天気となったが、7815人が早春の館山路を力走した。

フルマラソンに5047人、10`の部に1887人、ファミリーの部(2`)に881人が出場した。

フルのスタート時は、天候は雨で気温6度、北北東の風3・0bとあいにくのコンディション。かっぱを着るなど雨対策をしたランナーは、モントリオール五輪女子バレーボール金メダリスト、田村悦智子さんによる号砲で一斉にスタート。人の波となって、海岸線のコースを疾走した。

[ .. 全文表示へ ]

1月27日20時00分 601
全国24の海洋センターが受けた表彰式=東京

B&G財団から表彰

公益財団法人ブルーシー・アンド・グリーンランド財団(B&G財団、前田康吉会長)が全国470か所の海洋センターの現状を把握し、効果的な支援を行うために6段階で評価する制度で、鋸南海洋センターが、10年連続特A評価を獲得した。

評価制度では「B&Gプラン」の理念のもと、青少年の健全育成と地域住民の健康づくりの場として、プールや体育館が積極的に活用されているかなどを評価する。特AからEまでの6段階で、鋸南町の海洋センターは平成30年度評価で、10年連続特Aとなった。

[ .. 全文表示へ ]

1月25日20時00分 419
南房総市社会福祉大会のチラシ

台風災害での活動報告も

第14回南房総市社会福祉大会(同市社会福祉協議会主催)が、2月8日午前9時半から、同市千倉保健センターで開かれる。福祉功労者などの表彰の他、昨年秋に発生した台風、大雨災害での災害ボランティアセンター、復興サポートセンターの活動報告が行われる。入場無料。

テーマは「みんなが笑顔になるために、今こそ地域のささえあい」。同市などが後援し、市内の各種団体が協賛している。

[ .. 全文表示へ ]

1月25日20時00分 347
「純米ばうむ」と斎藤さん=鴨川

千葉県産農林水産物を主たる原料とする加工食品の逸品を選ぶ「食のちばの逸品を発掘2020」で、鴨川市東町の米屋新蔵が開発した「純米ばうむ―しっとりミルク仕立て」が直売所部門で金賞を受賞した。千葉市の三井ガーデンホテル千葉で24日、表彰式が行われ、関係者が表彰を受けた。

ちばの「食」産業連絡協議会と県が主催。新商品の開発や新たな販路開拓の促進等を目的に、毎年コンテストを開催している。今年は一般部門に36商品、直売所部門に25商品の応募があり、金賞、銀賞、銅賞、審査委員特別賞が選ばれた。

[ .. 全文表示へ ]

1月24日20時00分 651

和田町教育を語る会で

南房総市の「和田町教育を語る会」による研修会が2月1日、南房総市の和田地域福祉センター「やすらぎ」で行われる。同会の会長の平川政男氏が、子ども読書活動への実践報告をする。入場無料で、誰でも参加できる。

より良い教育について地域で考え、子育てを応援したいと毎年開催され、今回で19回目。

午後1時40分から、平川氏が「絵本のちから 読み聞かせのちから」と題して語る。

[ .. 全文表示へ ]

1月24日20時00分 273
利用方法を教える消防職員=館山

画面操作で通報可能に

安房郡市消防本部(石崎昌史消防長)は19日、聴覚、言語障害者らが音声なしで携帯電話から緊急通報できるシステム「Net119」の利用説明会を同本部で実施した。16人が参加し、理解を深めた。

同システムは、聴覚、言語障害者ら119番通報が困難な人が、携帯端末を利用して音声によらない通報を行えるシステム。なるべく文字入力をすることなく、画面操作で「火事」や「救急」といった情報や通報場所を伝えることができる。ちば消防共同指令センターが管轄する県南20消防本部で2月3日午前9時から運用が開始される。

[ .. 全文表示へ ]

1月23日20時00分 431

各ページに掲載の記事・写真・図表など無断転載を禁じます。著作権は房日新聞社または情報提供者に属します。

Copyright (C) 2007 Bonichi. All Rights Reserved