ニュース » 新着記事一覧

平日昼間も外出自粛要請

新型コロナウイルス感染拡大を防止するため政府が7日、緊急事態宣言を発令したことを受け、対象地域となった県は、措置内容を公表した。施設使用の制限や指示は現段階では行わず、要請効果を見極める一方、平日昼間についても外出自粛を要請。社会的機能を停止させないため、落ち着いた対応を県民に呼び掛けている。実施期間は5月6日まで。

基本的な方針は、国の基本的対処方針である▽外出自粛の要請▽施設の使用制限の要請、指示は今回の要請協力の効果を見極めて行う▽クラスターが発生している恐れがある場合や「3つの密」が重なる集まりには、該当するイベントなどの開催制限の要請を行う▽在宅勤務、時差勤務など、人との交わりを低減する取り組みを今まで以上に強化する――に沿う。社会・経済機能への影響を最小限にとどめ、社会機能を停止させるような施策は実施しない。

[ .. 全文表示へ ]

4月8日20時00分 365
季節運航の高速ジェット船

東京―館山―伊豆大島を結ぶ高速ジェット船の春の季節運航(2月1日〜3月22日)の運航実績(速報値)がまとまった。館山港の乗下船者数は7513人(前年度比70%)で、出足は良かったものの新型コロナウイルスの影響を受け、大幅に減少した。

季節運航は51日間で、158便(前年度131便)が運航された。当初の利用状況は好調だったが、2月中旬以降は新型コロナの影響でバスツアーのキャンセルなどが相次いで、最終的に3割減となった。

[ .. 全文表示へ ]

4月8日20時00分 208
幹部らを集めた対策会議=南房総

対応策の強化を確認

南房総市は6日、新型コロナウイルス感染拡大を防止するための「健康危機管理対策本部会議」を同市役所で開いた。部長級ら20人が出席。3日に初の感染者が確認されたことから、対応策について協議。当分の間、市主催イベントを中止・延期、さらに市内全ての公共施設の利用を休止することを決めた。

会議の冒頭、本部長の石井裕市長は「市でも新型コロナウイルスの感染者が確認された。これまでも続けていたが、さらにレベルを上げた対応が必要となっている。それぞれの分野において市民の安全を守るべく、対応を強化してほしい」と呼び掛けた。

[ .. 全文表示へ ]

4月7日20時00分 817
展示された作品と作家ら=館山

鉛筆だけで洗練された世界を描く作家10人による「Tateyama2020鉛筆絵画展」が、館山市北条のギャラリーヒロイで開かれている。人や動物、花、幻想的な風景など大小66点の作品が展示され、特別企画として先着順で出展作家愛用の三菱ハイユニ鉛筆2B・4Bのプレゼントもある。15日まで。

[ .. 全文表示へ ]

4月7日20時00分 259

マル経一部が実質無利子に

館山市は、4月から中小企業の融資支援策を拡充した。利子補給率を0・5%から1%に、保証料補給率を50%から100%に拡充した。同支援制度の活用により、新型コロナウイルスの影響を受けている事業者は、新型コロナウイルス対策のマル経(小規模事業者経営改善資金)融資の一部を実質無利子で受けることができる。

台風15号、19号などの災害復興を後押しするための3年間限定の拡充策だが、新型コロナの影響を受けている事業者の支援にもつなげたい考え。

マル経は、商工会議所などで経営指導を受けた小規模事業者向けに、無担保・無保証人で日本政策金融公庫が融資する国の制度で、貸付限度額は2000万円、年利は1・21%(3月2日時点)。

[ .. 全文表示へ ]

4月6日20時00分 308
機能別消防団用のはんてん

機能別団員46人も任命

南房総市は1日、同市消防団の辞令交付式を市役所別館1大会議室で開いた。新消防団長には、木村庸一氏(58)=富浦町南無谷=が就任した。また、安房地域では初めてとなる機能別消防団員が導入され、46人が任命された。

前団長の君塚弘和氏(58)の退任に伴い、新団長が任命された。木村氏は、昭和58年に入団し、分団長や副団長を歴任。地域の防災活動を担っている。

機能別消防団員は、特定の活動のみに参加する団員で、時間帯や災害の種別で活動する団員。

[ .. 全文表示へ ]

4月6日20時00分 472

南房総の60代男性 経路は不明

安房地域初となる新型コロナウイルスの感染者が確認されたことが、3日午後6時ごろの県の記者会見で分かった。南房総市在住の60代男性で、3日に県内医療機関に入院。感染経路は不明で、濃厚接触者に対して健康観察を行っている。

感染が確認されたのは、南房総市で自営業を営み、母親と2人暮らしの60代男性。28日に38度台の発熱があり、仕事を休んで自宅で療養していたが、熱が収まらないため2日に自家用車で県内医療機関を受診。検査の結果、陽性と判明した。3日に同医療機関に入院しており、治療を受けている。

[ .. 全文表示へ ]

4月4日20時00分 8,369
空車が目立つ渚の駅たてやま=館山(4日午前10時ごろ)

外出自粛要請最初の週末

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、県知事による外出自粛要請が出された初の週末となる4日、晴天で過ごしやすい一日となったにもかかわらず、観光施設の各所で大幅に客足が減り、閑散とした駐車場が目立った。施設管理者は、平日よりも観光客が減った影響力に驚いている。

館山市の渚の駅たてやまは、渚の駅博物館や商業施設棟、展望デッキ、生き物が観察できる海辺の広場など、人が集まる人気の施設。新型コロナウイルスの感染が国内で始まってからも、個人客で駐車場は埋まっていたが、この日は空車が多くなった。

[ .. 全文表示へ ]

4月4日20時00分 738
策定された第2期総合戦略

新時代の潮流対応盛り込む

人口減少問題の克服、地方創生に向けて館山市は、「第2期市まち・ひと・しごと創生総合戦略」(2020年度〜25年度)を策定した。人口ビジョンでは2060年に約3万人を維持する目標を定め、総合戦略では新たにSDGs(持続可能な開発目標)や女性活躍など新たな時代の潮流への対応を取り入れた。

同市の人口は15年現在4万7464人で、60年には2万6712人になると推計されているが、人口ビジョンでは合計特殊出生率(18年現在1・54)を60年に1・80まで高め、子育て世代の転入促進などを図り、第1期同様に60年に約3万人を維持する目標設定をした。

[ .. 全文表示へ ]

4月3日20時00分 631
修復工事が終了した原岡桟橋=南房総

昨年の台風で被災し、床板が破損するなどした南房総市富浦地区にある原岡桟橋の修復工事が終わった。

昭和10年ごろに漁業用桟橋として設置された。一部は木製で、先端まで裸電球の外灯が並び、ノスタルジックな雰囲気を漂わせている。

ロケーションが良く、多くの映画やテレビドラマ、CMの撮影地となっている他、インスタ映え≠キるとSNSでも取り上げられ、団体の観光客が訪れるなど観光スポットとして親しまれている。

[ .. 全文表示へ ]

4月3日20時00分 784

各ページに掲載の記事・写真・図表など無断転載を禁じます。著作権は房日新聞社または情報提供者に属します。

Copyright (C) 2007 Bonichi. All Rights Reserved