ニュース » 新着記事一覧

南房総の60代男性 経路は不明

安房地域初となる新型コロナウイルスの感染者が確認されたことが、3日午後6時ごろの県の記者会見で分かった。南房総市在住の60代男性で、3日に県内医療機関に入院。感染経路は不明で、濃厚接触者に対して健康観察を行っている。

感染が確認されたのは、南房総市で自営業を営み、母親と2人暮らしの60代男性。28日に38度台の発熱があり、仕事を休んで自宅で療養していたが、熱が収まらないため2日に自家用車で県内医療機関を受診。検査の結果、陽性と判明した。3日に同医療機関に入院しており、治療を受けている。

[ .. 全文表示へ ]

4月4日20時00分 708
空車が目立つ渚の駅たてやま=館山(4日午前10時ごろ)

外出自粛要請最初の週末

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、県知事による外出自粛要請が出された初の週末となる4日、晴天で過ごしやすい一日となったにもかかわらず、観光施設の各所で大幅に客足が減り、閑散とした駐車場が目立った。施設管理者は、平日よりも観光客が減った影響力に驚いている。

館山市の渚の駅たてやまは、渚の駅博物館や商業施設棟、展望デッキ、生き物が観察できる海辺の広場など、人が集まる人気の施設。新型コロナウイルスの感染が国内で始まってからも、個人客で駐車場は埋まっていたが、この日は空車が多くなった。

[ .. 全文表示へ ]

4月4日20時00分 163
策定された第2期総合戦略

新時代の潮流対応盛り込む

人口減少問題の克服、地方創生に向けて館山市は、「第2期市まち・ひと・しごと創生総合戦略」(2020年度〜25年度)を策定した。人口ビジョンでは2060年に約3万人を維持する目標を定め、総合戦略では新たにSDGs(持続可能な開発目標)や女性活躍など新たな時代の潮流への対応を取り入れた。

同市の人口は15年現在4万7464人で、60年には2万6712人になると推計されているが、人口ビジョンでは合計特殊出生率(18年現在1・54)を60年に1・80まで高め、子育て世代の転入促進などを図り、第1期同様に60年に約3万人を維持する目標設定をした。

[ .. 全文表示へ ]

4月3日20時00分 329
修復工事が終了した原岡桟橋=南房総

昨年の台風で被災し、床板が破損するなどした南房総市富浦地区にある原岡桟橋の修復工事が終わった。

昭和10年ごろに漁業用桟橋として設置された。一部は木製で、先端まで裸電球の外灯が並び、ノスタルジックな雰囲気を漂わせている。

ロケーションが良く、多くの映画やテレビドラマ、CMの撮影地となっている他、インスタ映え≠キるとSNSでも取り上げられ、団体の観光客が訪れるなど観光スポットとして親しまれている。

[ .. 全文表示へ ]

4月3日20時00分 456
相の浜バス停に到着した洲の崎線の路線バス=館山

南房州本線と乗り継ぎ可能に

JRバス関東館山支店のダイヤ改正で1日から、館山駅―西岬―南房パラダイス間で運行される路線バス・洲の崎線が、1日2往復「相の浜」(館山市大神宮)まで延伸された。同バス停で館山駅―安房神戸―安房白浜間で運行される南房州本線との乗り継ぎが可能となった。

南房パラダイス行き(平日5往復、休日6往復)のうち、2往復が「相の浜」まで延伸された。南房州本線との乗り継ぎの割引(100円)も設けられた。

[ .. 全文表示へ ]

4月2日20時00分 398
表彰される利田理事長(左)=東京で

復興テーマの各種媒体で

館山信用金庫(利田秀男理事長)の台風災害からの復興をテーマにしたポスターなどの各種PR媒体が、「第39回信用金庫PRコンクール」(全国信栄懇話会主催)のメディアミックス部門で最優秀賞を受賞した。

信用金庫のイメージ・認知度アップ、利用者サービスのPRなどの側面支援を目的に実施されているコンクール。ポスター、カレンダーなど7部門があり、最優秀賞は各1点。今回は169信用金庫から395作品が寄せられた。

[ .. 全文表示へ ]

4月2日20時00分 261
貸事務所が整備される旧南小学校跡地=南房総

6億1600万円投じ12月完成

南房総市は、学校統合で閉校した旧南小学校の跡地に貸事務所を整備する。校庭に鉄骨造2階建て(延べ床面積1721平方b)の建物を建てる。入居する事業者の選定も終了し、ソフトウエアの開発やコールセンター業務を行っている「インターコムR&Dセンター」に決まっている。これから本格的な建設が始まり、12月25日に完成、年明けには操業が始まる予定だという。

[ .. 全文表示へ ]

4月1日20時00分 528
集めたごみをまとめる参加者=館山

部員・地域住民ら50人が汗

館山市の館山駅西口の歓楽街・渚銀座を元気づけようと、館山商工会議所青年部は27日、「渚銀座ごみゼロ運動」を実施した。青年部会員や地域住民ら約50人が参加し環境美化に汗を流した。

昨年9月の台風15号などで、客足が遠のいてしまった渚銀座を応援しようと「渚銀座桜まつり」期間中に合わせて同会議所青年部が企画した。

[ .. 全文表示へ ]

4月1日20時00分 350

南房総市は、市内で新築住宅を建設、購入した子育て世帯や若年者に対して奨励金を交付する「住宅取得奨励金交付制度」を、今年も実施する。最大で200万円が交付される。

定住促進や地域経済の活性化を図ろうと、平成21年度から開始した制度。令和元年度は37件の申請があったという。今年度は4000万円の予算を組んだ。

対象は、▽多子世帯(満15歳以下の子どもを3人以上持つ世帯)▽子育て世帯(同を1〜2人持つ世帯)▽若年者(満39歳以下)▽市の耐震診断費補助制度を使って住宅を建て替える人(世帯構成・年齢不問)▽子育て世帯、多子世帯、若年者で転入者(転入前の3年間、安房郡市内の住民基本台帳に記録されたことのない人)――。それぞれ30〜200万円を交付する。

[ .. 全文表示へ ]

3月31日20時00分 336
大黒天祈祷殿前のソメイヨシノ=真野寺で

樹齢140年のソメイヨシノ満開

南房総市久保にある真言宗智山派の真野寺で、「桜まつり」が開かれている。夜間は色とりどりの光でライトアップが行われる他、限定の御朱印も頒布される。8日まで。

同寺院には、境内や周囲の山を含めて約200本のサクラが植えられており、ソメイヨシノやヤマザクラ、陽光(ヨウコウ)など種類も豊富。特に「大黒天祈祷殿」前のソメイヨシノは、樹齢140年で幹回りが2・3bと大型で、見事な花を咲かせている。

[ .. 全文表示へ ]

3月31日20時00分 467

各ページに掲載の記事・写真・図表など無断転載を禁じます。著作権は房日新聞社または情報提供者に属します。

Copyright (C) 2007 Bonichi. All Rights Reserved