ニュース » 新着記事一覧

コロナ影響し最低水準に

館山信用金庫は、4月〜6月期の「たてしん中小企業景況レポート」を発表した。安房地域の企業の景況感を示す業況判断指数(DI)は、新型コロナウイルスの影響で前期から20・6ポイント悪化し、マイナス44・1と現在の調査形式となってから過去最低の水準となった。

同金庫が安房地域の取引先70社を対象に調査し、信金中金の全国、県のデータも合わせて掲載している。業況判断DIは、景気が「良い」と答えた企業の割合から「悪い」と答えた企業の割合を引いた差で、プラスほど良い。

安房地域の業況判断DIは、昨年の台風の影響が大きく出た前々回(令和元年10月〜12月期)のマイナス31・3を下回り、調査対象数を現在の形にした平成30年1〜3月期以降で最低の水準となった。

[ .. 全文表示へ ]

7月10日20時00分 77
海浜利用のルールを掲載したチラシ

南房総市は、今夏の海水浴場の不開設に伴い、来訪者たちに海浜利用のルールを呼び掛けるチラシをつくった。A4サイズ、カラー刷りで2万枚を作成。観光客らに配布する。

海水浴場を不開設としたが、市内には観光客など多くの人の来訪が予想されることから、新型コロナウイルスの感染防止対策や熱中症予防、ライフセーバーがいないことなどの周知を図ろうという。

[ .. 全文表示へ ]

7月10日20時00分 103
合併契約書に調印した3社の代表=南房総

南房総市は8日、市内の道の駅を運営している第三セクターの株式会社富楽里とみやま、株式会社ちば南房総、株式会社千倉黒潮物産センターの3社の統合に向けた合併調印式を、市役所で開いた。3社の代表が合併契約書に調印した。30日に開かれる臨時株主総会で、正式に合併が決まる見通しで、10月には新会社「株式会社ちば南房総」を発足させる予定になっている。

合併するのは、とみうら枇杷倶楽部とおおつの里花倶楽部、三芳村鄙の里、ローズマリー公園を運営するちば南房総、富楽里とみやまを運営する富楽里とみやま、ちくら潮風王国を運営する千倉黒潮物産センター――の3社。

[ .. 全文表示へ ]

7月9日20時00分 296

館山市大井の国道128号沿いの市の花壇で、ヒマワリが見ごろを迎えている=写真=。昨年の相次いだ台風被害からの復興を願い、市内各所で希望の花を咲かせようと市が進めたプロジェクトのひとつで、復興に向けて力強く咲き誇っている。

「お花の力で館山を元気に」を合言葉に、市内全域に希望のヒマワリを咲かせようという取り組みで、趣旨に賛同した「サカタのタネ」から2000袋(一袋6、7粒)の種の寄贈を受けて実施した。

[ .. 全文表示へ ]

7月9日20時00分 276
第1回の国土強靭化会議=鋸南

鋸南町はこのほど、国土強靱(きょうじん)化地域計画の策定のための第1回町国土強靭化推進本部会議を同町役場内で開いた。

国土強靭化地域計画は、国土強靭化基本法(強くしなやかな国民生活の実現を図るための防災・減災等に資する国土強靭化基本法)に基づき、地方公共団体が国土強靭化に関する総合的で計画的な推進を図るための計画で、他の計画の指針として位置づけられている。

[ .. 全文表示へ ]

7月8日20時00分 254
製された観光ポスター

南房総市観光協会は、同市内への誘客を図るための観光ポスターを作製した。B2サイズフルカラーで500部をつくった。市内宿泊施設や道の駅をはじめ、東京湾フェリーなど観光施設に配布、設置される。

新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、同市内では主要な観光イベントが中止、海水浴場も不開設となっているが、市が発行している宿泊クーポンを活用した誘客を図ろうと作製した。

[ .. 全文表示へ ]

7月8日20時00分 264
パソコンで予約・申し込みする画面

キャッシュレス決済とひも付け

マイナンバーカードを取得すると、キャッシュレス決済で最大5000円分のポイントが付与される「マイナポイント」の申し込みが1日から始まった。安房4市町での取得率は現在約20%で、ポイント期間中の取得を呼び掛けている。

マイナポイントは、消費の活性化やマイナンバーカードの普及、官民キャッシュレス決済基盤の構築を目的とした総務省の事業。これまで予約を受け付けてきたが、1日から申し込みが可能となり、付与されたポイントは9月〜来年3月末の期間で買い物に使える。

[ .. 全文表示へ ]

7月7日20時00分 284

空間広い小学校体育館に

館山市は、新型コロナウイルス対策として、風水害時などに開設する避難所を変更した。主に公民館から空間の広い小学校体育館へと変えた。

これまでの避難所は、北条地区はコミュニティセンター、その他は地区公民館だったが、感染防止対策でより利用空間の広い小学校(旧小学校も含む)の体育館、校舎を避難所とすることにした。

昨年の台風19号では市内で2332人もの避難者があったことも教訓に、初動から広い避難所を設定した。

[ .. 全文表示へ ]

7月7日20時00分 322

新型コロナウイルスの影響を受ける事業者の事業継続を下支えするための「家賃支援給付金」の制度概要が3日、発表された。幅広い法人や個人事業主を対象とした支給制度で、土地や建物の賃料の月額に基づき、給付額が決定する。具体的な申請方法は追って公表される。

同感染症に伴う緊急事態宣言の延長などで、売り上げが減少する事業者を支援する経済産業省の制度で、第2次補正予算で成立した。

対象は、資本金10億円未満の中堅企業、中小企業だけでなく、フリーランスを含む個人事業者や医療法人、農業法人、NPO法人など幅広い法人、業種となる。

[ .. 全文表示へ ]

7月6日20時00分 290
感染対策の実施を周知するポスター

地域経済の早期回復へ

館山市は、新型コロナウイルス感染防止対策を実施する飲食店、宿泊施設、商店などの事業所に向けて、対策実施店であることをPRするポスターを配布している。

「新型コロナウイルス対策実施中」のポスターは、▽手洗いうがい健康チェック▽マスクの着用などによる飛沫(ひまつ)防止▽手指消毒設備の設置▽定期的な換気及び消毒▽身体的距離の確保――の5項目が表示されており、それぞれ各店が実施している項目についてチェックして掲示できるようになっている。

[ .. 全文表示へ ]

7月6日20時00分 258

各ページに掲載の記事・写真・図表など無断転載を禁じます。著作権は房日新聞社または情報提供者に属します。

Copyright (C) 2007 Bonichi. All Rights Reserved