ニュース » 記事詳細
企業の説明を聞く参加者ら=都内で

移住・Uターンへ39人参加

移住者、Uターン希望者をターゲットにした合同企業説明会「南房総のお仕事さがしIN東京」がこのほど、東京・新宿区であり、南房総への移住を希望する社会人やUターン希望の大学生など39人が参加した。

人手不足が深刻化する地域企業の人材確保と、移住・Uターン希望者の就職支援で、地域活性化、定住人口の増加につなげようという取り組み。安房4市町とハローワーク館山、移住支援のNPO法人おせっ会が開催しているイベント。

参加者は男性22人、女性17人。19歳から68歳までの平均年齢39・3歳で、40代の参加が14人で最も多かった。県外が28人で都内からが16人で最多。県内は11人で県北エリアの参加者が目立った。

南房総の企業側からは、医療・福祉、宿泊業などを中心に幅広い24社が参加。仕事内容のほか、社員寮や託児所など移住支援があることなどもPRした。

参加者アンケートによると、「館山に戻るのは難しいのでこういう機会はありがたい」「具体的な仕事の話が聞けたので非常に勉強になった」などの声があった。

一方で、この日は金曜日で「土日開催」を望む声も多く、館山市の担当者は「開催時期や場所など内容のさらなる改良が必要。今後も周辺自治体と連携し、安房の雇用改善、地域活性を促進したい」と話していた。

【写真説明】企業の説明を聞く参加者ら=都内で

11月8日20時00分 538
Copyright (C) 2007 Bonichi. All Rights Reserved