ニュース » 記事詳細
「教育の日」中央行事のチラシ

表彰や講演会など多彩に

南房総市の「教育の日」中央行事が、18日午前10時半(9時半開場)から嶺南中学校で開かれる。功労者表彰や百文字作文表彰、給食レストラン(予約制)、発達障害をテーマにした教育講演会など多彩なプログラムが繰り広げられる。

同市が制定している教育の日(11月の第3土曜日)。市民の教育への関心を高め、教育活動の振興を図ろうと、平成18年に制定し、毎年この日を中心に各学校などでさまざまなイベントが展開されている。

午前10時半からの式典では教育功労者の表彰や、三芳小児童の「頼朝伝説」と白浜中生徒による「食農教育ヒジキ」と題した南房総学の実践紹介、百文字作文最優秀賞の表彰と発表が行われる。

正午には給食レストランが開店=B今年は安房拓心高の調理系列3年生が考案した献立のほか「拓心ヨーグルト」が提供される。

レストランの開店に合わせ体育館前中庭では、白浜・千倉・嶺南中ブラスバンド部の合同演奏、学校給食に食材を提供している農家や商店による直売所も開かれる。

午後1時半からは、自閉症スペクトラム支援士などを務める堀内祐子さんを講師に迎えて教育講演会。「発達障害の子が働くおとなになるヒント」を演題に、発達障害や不登校の経験のある4人の子どもを持つ母親でもある堀内さんから、豊富な経験を基に具体的な事例を交えて講じてもらう。

なお当日は、子育て世代の人たちが参加しやすいようにと、図書室で終日託児所が開設されることになっている。

詳しい問い合わせは、南房総市教育委員会教育総務課(0470―46―2961)へ。

【写真説明】「教育の日」中央行事のチラシ

11月13日20時00分 360
Copyright (C) 2007 Bonichi. All Rights Reserved