ニュース » 記事詳細
浅田代表の話に聞き入る市民ら=館山コミセンで

被害に悩む市民ら30人

イノシシの出没、人身被害など生活に身近なエリアでの獣害対策をテーマにした講習会がこのほど、館山市コミュニティセンターであり、被害に悩む住民ら30人が参加。有害鳥獣対策の専門家の話に耳を傾けた。

市内では、イノシシやサルによる農作物被害の増加の一方で、イノシシにかまれる人的被害、車と衝突する事故、住宅周辺での出没などの被害が増えており、館山有害鳥獣対策協議会の主催で開催された。

講師は県内各地で有害鳥獣対策の指導にあたっている合同会社AMACの浅田正彦代表。講義では農作物被害の次の段階として、住宅地の出没や人身被害がある状況を説明し、対策法を紹介。

街中に出て来ないよう山裾での捕獲、駆除をすることの重要性を説明し、「鳥獣被害対策は個人、行政の力だけではできることに限界がある。地域住民が皆で考え力を合わせることが必要」と訴えた。

参加者からは「散歩中にイノシシの親子に出くわし目が合った。こんなときはどうしたらいい」などの身近な問題となっている現状をうかがわせる質問もあがっていた。

【写真説明】浅田代表の話に聞き入る市民ら=館山コミセンで

17年12月23日 840
Copyright (C) 2007 Bonichi. All Rights Reserved