ニュース » 記事詳細
事業の進ちょくなどを確認したプロジェクトチームの会議=南房総

今年度1回目の会議で

南房総市の地方創生推進プロジェクトチームの今年度1回目の会議がこのほど、同市役所で開かれた。チームメンバーが集まり、総合戦略の取り組みの進ちょく状況や今後のスケジュールを確認した。

国が掲げる地方創生を推進するため「まち・ひと・しごと創生法」に規定する地方版総合戦略の策定に向け、平成27年に発足。人口減少や少子高齢化などの課題や現状、各分野に及ぼす影響などを把握し、さまざまな施策立案のための協議、検討を行う。

企画財政課の?梨真一課長をリーダーに、地方へ新しい人の流れをつくる「まち班」5人、若い世代の結婚・出産・子育ての希望をかなえる「ひと班」6人、地方における安定した雇用を創出する「しごと班」4人、女性ならではの感性で地方創生を検討する「女性チーム」5人で編成。公募職員8人を含む計20人で、異動により一部が入れ替わった。

総合戦略の計画期間(平成27年度〜31年度)が残り2年となったことから、これまでの取り組みの進ちょく状況や重要業績評価指標(KPI)の達成状況、今年度の事業執行見込みなどについて、各チームのメンバーからの報告を基に、情報を共有し合った。

チームリーダーの?梨課長は「計画期間が残り2年となり、コンセプトである『子育て世代の増加』について、今まで行った事業をしっかりと検証しながら、庁内横断的に職員で共通認識を持ち、引き続き事業展開をしていきたい」と話していた。

プロジェクトチームは、今後も必要に応じて各班会議や全体会議を開く予定になっている。

【写真説明】事業の進ちょくなどを確認したプロジェクトチームの会議=南房総

6月27日20時00分 573
Copyright (C) 2007 Bonichi. All Rights Reserved