ニュース » 記事詳細
表彰された受賞者、審査員ら(中央が最優秀賞の三幣さん)

一般投票でも第1位で

地元食材を使った「じのもん料理コンテスト」(館山市農産物直売所連絡協議会主催)の最終審査が8日、イオンタウン館山であり、最優秀賞には館山市の三幣真紀さんの「ようこそ!!たてやま〜2種のオープンパンケーキ〜」が輝いた。

野菜、魚介類など安房の食材を2種類以上使った一般家庭でもできる手軽なアイデアレシピを募集。87点の応募があった。

最終審査では、1次審査を通過した上位10人がレシピのPRをし、同市出身の料理研究家、川上文代さん、市内在住の野菜ソムリエプロの安西理栄さんら7人が、実際に食べて審査した。

三幣さんのレシピは、アジとビワの地元食材を使った料理で、アジは香りオーブン焼き、ビワはエビと一緒にエスニック風に仕立て、それぞれパンケーキに乗せた彩りもきれいな料理。

最優秀賞の三幣さんの料理

イオンタウンで実施した一般投票でも第1位で、イオンタウン館山賞もダブルで受賞。審査委員長の川上さんは「パンケーキなので季節に合わせたさまざまなトッピングでメニュー展開できますね」と絶賛した。

三幣さんは「アジとビワの意外な組み合わせで、館山市以外の人に館山のおいしい料理を振る舞うイメージでレシピを考え、調理した。受賞を機に館山のおいしい食材を使った料理をPRしていきたいと思う」とコメントした。

優秀賞は、南房総市の鱸寿子さん、館山総合高3年の渡辺春菜さんが受賞した。

【写真説明】

@表彰された受賞者、審査員ら(中央が最優秀賞の三幣さん)

A最優秀賞の三幣さんの料理

7月13日20時00分 553
Copyright (C) 2007 Bonichi. All Rights Reserved