ニュース » 記事詳細
神輿や山車の集結でにぎわう安房鴨川駅前=鴨川

鴨川市鴨川地区の合同祭礼が8、9の2日間行われた。山車と屋台、神輿のほか、市指定文化財の担ぎ屋台が練り歩いた。見物の市民や観光客らが訪れ、にぎわいを見せた。

合同祭礼は、鴨川地区にある大浦・八雲神社、白幡神社、熊野神社、日枝神社、諏訪神社、横渚・八雲神社、八幡神社の計7神社で続けられている。

各神社を出発した山車、屋台、神輿が地区内を巡行。鴨川小学校グラウンドに屋台と山車、鴨川フィッシャリーナには神輿と担ぎ屋台が集結し、盛り上がりを見せた。かつて江戸3大祭りのひとつ、神田祭で引き回されていた山王講や諏訪講の山車も出祭した。

2日目には、JR安房鴨川駅東口前広場に山車、屋台、神輿が集結し、祭りは最高潮に。威勢の良い掛け声と笛・太鼓が競演する祭りばやしが秋空に響いた。沿道には大勢の市民らが繰り出し、活気に満ちていた。

【写真説明】神輿や山車の集結でにぎわう安房鴨川駅前=鴨川

9月11日20時00分 696
Copyright (C) 2007 Bonichi. All Rights Reserved