ニュース » 記事詳細

安房2署

啓発活動などで事故防止へ

秋の全国交通安全運動がきょう21日からスタートする。子どもと高齢者の交通事故防止や夕暮れ時の安全運転などを重点目標に掲げ、30日までの10日間、各署で警戒を強める。館山、鴨川両署でも交通安全キャンペーンや安全講話を開き、住民の安全意識を高める。

スローガンは「ハイビーム 上手に使って 事故防止」で重点目標は▽子どもと高齢者の安全な運行の確保と高齢運転者の交通事故防止▽夕暮れ時と夜間の歩行中・自転車乗用中の交通事故防止▽全ての座席のシートベルトとチャイルドシートの正しい着用の徹底▽飲酒運転の根絶――の4つ。

館山署ではきょう21日朝に館山総合高校で交通安全キャンペーンを展開。27日にも南房総市加茂地区でドライバーの啓発活動を実施する予定。

鴨川署はきょう21日に鴨川市役所駐車場で出動式。あす22日には幹線道路沿いで街頭監視活動、27日にはJRと踏切の事故防止キャンペーンを展開する予定。

9月20日20時00分 596
Copyright (C) 2007 Bonichi. All Rights Reserved