ニュース » 記事詳細
力作を審査する渋谷会長ら=南房総

赤い羽根募金箱コンクール

入賞作品決まる 南房総

共同募金会南房総市支会が南房総市内の小学生を対象に募集した「赤い羽根募金箱コンクール」の審査がこのほど、同市千倉保健センターで行われた。力作ぞろいの99点の応募の中から、最高賞である金賞には、低学年(小学1〜3年)の部で平井翔大君(南小1年)、高学年(小学4〜6年)の部で岡本真結さん(富浦小4年)の作品が選ばれた。

募金箱の製作を通じ、次代を担う子どもたちに共同募金運動に関心を持ってもらい、創造力を育てる機会を提供するのが狙い。赤い羽根や赤い羽根共同基金のシンボルキャラクターの他、昨年生まれた県共同募金会のマスコットキャラクター「びわぴよ」をモチーフとした自由な発想の募金箱を募った。

低学年の部に55点、高学年の部に44点の応募があり、同市社会福祉協議会の渋谷幸一会長と会員らが審査。それぞれの金、銀、銅賞と「アイデア賞」、「デザイン賞」を1点ずつ選んだ。

金賞の(左から)平井君、岡本さんの作品

平井君の作品は、粘土でカブトムシとびわぴよをかたどった作品。「タマムシみたいに羽を虹色にした」のがポイントだという。

岡本さんは、ピンクのハート型の紙を貼り合わせ大きなハートをつくった。前には、かわいらしい表情の5人を並べ、「たすけあい」を表現。「みんなの心がたくさん集まって大きな力となり、たくさんの幸せができるという思いを形にした」と話した。

入賞作品は、各地区の福祉サポートセンターなど市内の公共施設に置かれ、赤い羽根共同募金の募金箱として、活用される。

受賞者は次のとおり。

=敬称略

【低学年の部】

▽金賞=平井翔大(南1)▽銀賞=小川ひかり(白浜3)▽銅賞=石井海璃(千倉1)▽アイデア賞=鈴木結子(南2)▽デザイン賞=若王子結奈(富山3)

【高学年の部】

▽金賞=岡本真結(富浦4)▽銀賞=柴田美玲(富山6年)▽銅賞=池田海菜(南三原5)▽アイデア賞=島津和花(和田5)▽デザイン賞=蛭田花菜(富山5)

【写真説明】力作を審査する渋谷会長ら=南房総

【写真説明】金賞の(左から)平井君、岡本さんの作品

10月7日20時00分 250
Copyright (C) 2007 Bonichi. All Rights Reserved