ニュース » 記事詳細
熱戦に見入る観客ら=南房総

ファンら230人が試合観戦

プロレスイベント「千葉発見伝 in 南房総」が25日、南房総市の千倉B&G海洋センターアリーナで行われた。観客230人が迫力ある試合に見入り、レスラーに声援を送って盛り上がった。

プロレスで地域を元気にしたいと安房プロレス愛好会が主催し、南房総市観光協会が後援。千葉市を拠点とする「KAIENTAI DOJO」のレスラーらが特設リングで熱戦を繰り広げた。

始めにプロレスの見どころなどを紹介するトークがあり、試合へ。14選手がシングルマッチ、タッグマッチで4試合を展開。投げ技や跳び蹴りなどが繰り出され、レスラーが倒れるとリングに大きな音が響いた。会場を巻き込んだ場外でのバトルもあり、観客らは大きな歓声を上げて、プロレス観戦を楽しんだ。

地元の商店や団体から、勝利したレスラーに賞品を贈呈。最後は、全員で「ファイトファイト南房総」の掛け声で盛大に幕を閉じた。

初めてプロレスを見たという子どもたちも大熱狂。「場外乱闘は少し怖かったけど、楽しかった」「かっこ良かった」と笑顔を見せた。

【写真説明】熱戦に見入る観客ら=南房総

11月27日20時00分 618
Copyright (C) 2007 Bonichi. All Rights Reserved