ニュース » 記事詳細
26人が参加した公民館教室=鴨川

鴨川市の天津小湊公民館(黒野雅典館長)の歴史教室「鴨川の歴史を学ぼう」がこのほど、同市ふるさとシアターで開かれた。同市郷土資料館の高橋誠学芸員を講師に迎え、26人が鴨川地区の生活の移り変わりを学んだ。

天津小湊、鴨川、長狭、江見のそれぞれの地区ごとにテーマを決めて開く公民館教室。「初回から人気が高く、リピーターもいる」という。

今回は「海活〜海辺の生活の移り変わり」がテーマ。高橋学芸員は、漁業や海運の歴史について、ユーモアを交えた軽妙なトークで講話し、聴講者は楽しく学んでいた。

次回は来年1月29日。長狭地区をクローズアップし「政権交代=領主交代」をテーマに、鎌倉時代から室町時代にかけての歴史を学ぶ。

募集は来年1月4日からで、申し込み、問い合わせは、同館(04―7093―2230)へ。

【写真説明】26人が参加した公民館教室=鴨川

12月27日20時00分 592
Copyright (C) 2007 Bonichi. All Rights Reserved