ニュース » 記事詳細

タイを供養する全国的にも珍しい「鯛供養弁天祭」が18日午前、鴨川市小湊の大弁天島沖などで営まれる。僧侶や地元民ら約100人が参列し、海上での読経などで、日蓮聖人縁起のマダイの供養、海の安全と大漁などを祈願する。

天然のマダイが水面に集まる神秘的な現象が見られる周辺の海は、日蓮聖人が生誕した際にマダイが群れて祝ったという伝説があり、鯛の浦と呼ばれている。

昭和に入ってから、この珍しいマダイの現象が広く知られるようになり、遊覧船の運航など地域の観光振興に大きく貢献したことから、観光や漁業に携わる地区民らが中心となり、漁網などに絡まり死んでしまったタイを弔うため、毎年1月18日に供養を営むようになったという。

当日は、午前8時45分ごろから妙蓮寺で読経し、小湊妙の浦遊覧船協業組合の船着場まで、恵比寿(えびす)を持った僧侶、住民が行列。その後、9時半ごろから僧侶らが遊覧船に乗船し、大弁天島沖で再び読経する。

1月8日20時00分 524
Copyright (C) 2007 Bonichi. All Rights Reserved