ニュース » 記事詳細
海外の文化などを話し合ったイングリッシュカフェ=南房総

南房総市の国際交流員(CIR)のアビゲイル・クロッカーさんと英語で会話を楽しむ、「イングリッシュ カフェ」がこのほど、南房総市役所別館1大会議室で開かれた。市民を中心に17人が参加。アビーさんや市内外の外国語指導助手(ALT)3人と、海外のマナーや文化、経験を楽しく会話した。

南房総国際交流協会の文化交流サロン。英語の中上級者を対象にした、アビーさんと英語で交流するイベント。参加者たちの好評を受けて継続されていて、今回で4回目となった。

この日は、「郷に入っては郷に従え」をテーマに、参加者たちは4つのグループに分かれて交流。アメリカでのチップの払い方や、世界各地のトイレ事情などを話題に会話した。

海外に行った時には、どの程度その国の文化やマナーに従うのかなどについても意見を交わし合う様子も見られた。

アビーさんは「回を重ねるごとにフレンドリーな雰囲気になって、会話もとても楽しくなっている。これからも続けていければと思います」と話していた。

【写真説明】海外の文化などを話し合ったイングリッシュカフェ=南房総

1月31日20時00分 531
Copyright (C) 2007 Bonichi. All Rights Reserved