ニュース » 記事詳細

鈴木克章さんの講演会

南房総で 3月1日

シーカヤック日本一周単独航海達成者で、国立科学博物館主催の「3万年前の航海徹底再現プロジェクト」に漕(こ)ぎ手として参加する鈴木克章さんの講演会が3月1日午後6時半から、南房総市千倉町瀬戸の「上瀬戸さんあーる亭」で開かれる。演題は「古代舟の漕ぎ手として」。料金は1000円。

鈴木さんは1978年、静岡県浜松市生まれ。経験豊富なシーカヤックガイドで、シーカヤック日本一周単独航海達成者。国立科学博物館主催の3万年前の航海プロジェクトの漕ぎ手。

日本一周中に、南房総に寄港した2015年5月に千倉漁港で、房日新聞の取材を受けている。

今年の夏、3万年前の航海徹底再現プロジェクトの漕ぎ手として、5人乗りの丸木舟で台湾から日本まで漕ぐ予定。トークでは、手漕ぎ舟を通して海から見た日本列島をスライドで紹介、古代の航海術を語るという。激烈にハードな旅路でも「ユーモアなしじゃやってらんないよ」と笑いを特に尊重する。

当日はシーカヤックだけではなく、実験航海で漕いだ与那国島のヒメガマの草舟、台湾先住民のアミ族の竹舟、これから漕ぐ丸木舟についても漕ぎ手として触れる予定。

会場は、瀬戸交差点そば。参加申し込みは吉良康矢さん(080―6689―4512)へ。

2月23日20時00分 564
Copyright (C) 2007 Bonichi. All Rights Reserved