ニュース » 記事詳細
ゾンネ鴨川のメンバー

3月2・3日

鴨川を拠点とする女子ビーチサッカーチームとして昨年発足した「SONNE KamogawaB.S.(ゾンネ鴨川)」が、3月2、3日に沖縄県の西原きらきらビーチで開催される「第1回BeachSoccer地域女子チャンピオンズカップ」に出場する。

日本ビーチサッカー連盟が主催する、国内では初めての女子ビーチサッカー公式大会。女子ビーチサッカー界における歴史的な大会に、安房のチームが名前を刻むことに関係者は喜んでおり、活躍に期待を寄せている。

大会には、全国から12チームが出場。初日に3グループに分かれてのグループステージを戦う。2日目は各グループの1、2位に、ワイルドカード2チーム(グループ3位で成績上位の2チーム)を加えた8チームが決勝トーナメントを争い、初代チャンピオンを目指す。

ゾンネ鴨川は、国内女子ビーチサッカーの先駆的なチームである福岡県のドルソーレレディースと同組でグループステージを争う。

ゾンネ鴨川は、地域の観光資源であるビーチをスポーツに活用し、地域活性化につなげようと発足したチーム。元オルカ鴨川FCの選手や地元在住の選手が所属し、地域の一員としてまちづくりに貢献していく計画。

チーム名にあるゾンネという名前は、ドイツ語で太陽の意味を持ち、「日本で一番早い初日の出を拝める地から、先進的で新たなプロジェクトをスタートしよう」という思が込められている。

ビーチサッカーだけでなく、ビーチスポーツイベントの開催や大会誘致、ビーチスポーツ文化の醸成に向けた諸活動を展開していくとしている。

【写真説明】ゾンネ鴨川のメンバー

2月27日20時00分 589
Copyright (C) 2007 Bonichi. All Rights Reserved