ニュース » 記事詳細

英語版で2000円以上募る

南房総市は5日から、ふるさと納税ポータルサイトを運営する「トラストバンク」の「外国語寄付受け付けサービス」を活用し、外国語(英語)での寄付受け付けを開始した。同サービスを活用した全国初の取り組みで、ふるさとチョイス内の専用サイトから2000円以上の寄付を海外から募っている。

世界各地や海外移住者たちに向けて、市のPRを図るとともに、将来に向けた財源確保にもつなげようという目的。トラストバンクのシステム導入に、同市がいち早く名乗りを上げた。

ふるさとチョイス内にある英語版サイトで、2000円以上の寄付を募る。ふるさと納税とは違う一般寄付で、住民税の控除や返礼品はない。クレジット決済で日本円で受け付けている。

専用ページは開設間もないため、現状は市の情報なども掲載されておらず、担当の市企画財政課では「南房総市を知ってもらうための情報を盛り込んで発信し、応援してくれる人を増やしていきたい」としている。

寄せられた寄付は、寄付者の意思に沿って活用していく方針だという。

4月6日20時00分 516
Copyright (C) 2007 Bonichi. All Rights Reserved