ニュース » 記事詳細
最優秀賞の第3支団の操法=南房総

南房総市の第14回消防操法大会が27日、嶺南学園グラウンドで開かれた。7地区の代表消防団が争い、第3支団(三芳地区)が初の最優秀賞に輝いた。市の操法大会は今回で最後となっており、有終の美を飾った。

同市では現在、来年度に向けて新しい消防団の組織づくりを行っていることから、操法大会もひとつの区切りとして、今回で終了することになった。

大会は、5人1組によるポンプ車操法。出動から放水(模擬)までの速さや正確さなどを競い合った。

各団とも、大会に向けて訓練してきた成果を発揮。安房郡市消防本部職員が審査(200点満点)した結果、第3支団が161点で最優秀賞を受賞した。優秀賞は第4支団(白浜地区)で153・5点、優良賞は第5支団(千倉地区)で148点だった。

最優秀賞の第3支団は、6月23日に鴨川市で行われる「第38回安房支部操法大会」に出場する。

第3支団の指揮者を務めた岩城孝平班長は「最後の大会で初めての最優秀賞を受賞できてとてもうれしい。安房支部の大会も市の代表として頑張ります」と話していた。

個人優秀賞は次のとおり。 =敬称略

▽指揮者=石井健二(第6支団、丸山地区)▽1番員=福原寿憲(第3支団)▽2番員=吉岡志隆(同)▽3番員=軽込祐輔(第3支団)安田直希(第5支団)▽4番員=大河内久晴(第6支団)

【写真説明】最優秀賞の第3支団の操法=南房総

4月29日20時00分 812
Copyright (C) 2007 Bonichi. All Rights Reserved