ニュース » 記事詳細
オリパラ推進本部で報告する金丸市長=館山

東京五輪テストイベント前に

館山市は23日、8月15日から東京都内で開催される東京オリンピック・パラリンピックのトライアスロン競技のテストイベントに向け、オランダ代表チームが館山で事前キャンプをすることが決まったと発表した。すでにアメリカ代表チームの実施も決定しており、2か国が8月前半に館山で事前合宿することになった。

東京大会を1年後に控え、同日、市役所で開催された同市のオリパラ推進本部(田村悦智子本部長)会議の席上、金丸謙一市長が報告した。

アメリカチームとは、すでに今年5月に来年の東京大会も含めた事前合宿を館山で行うことで合意している。今回のオランダは、テストイベントでの合宿にとどまっているが、東京大会での事前合宿も有力視される。

テストイベントの大会名は「ITUオリンピッククオリフィケーションイベント」で、本番と同じ会場の東京・お台場海浜公園で、8月15日〜18日にかけて開催される。

大会に向けた事前合宿は、アメリカチームは8月4日〜13日で、選手、コーチなど21人が参加予定。オランダチームは8日〜13日で、16人が参加予定。練習場所として市営50bプールや館山湾、フラワーライン、館山運動公園などを想定している。

また、合宿中には交流会も設定。アメリカは7日に豊房小で、オランダは9日に館山二中で、それぞれ児童、生徒らと交流を予定している。

東京大会の事前合宿を巡っては、県とオランダオリンピック委員会とで、県内で事前合宿をすることで基本合意しており、館山市はビーチバレー、自転車、OWS、トライアスロンの4種目で誘致を進めていた。

市によると、自転車、OWSは実現に至らず、現在はトライアスロン、ビーチバレーで誘致に向けて動いているという。

【写真説明】オリパラ推進本部で報告する金丸市長=館山

7月24日20時00分 679
Copyright (C) 2007 Bonichi. All Rights Reserved