ニュース » 記事詳細
サテライト相談所の相談の様子=館山

経営課題解決で好評

館山信用金庫(利田秀男理事長)が、中小企業、小規模事業者向けの経営相談所「千葉県よろず支援拠点」と連携して同金庫で月1回開催している「よろず支援拠点サテライト相談所」の相談件数が、7月で平成27年の開設から200件を超えた。売り上げ拡大、創業など幅広い相談を受けており、利用者からも好評だという。同金庫で利用を呼び掛けている。

県産業振興センターにある県よろず支援拠点の出張版。通常は千葉市まで行かないとできない個別相談が、窓口で無料でできる。

同金庫では、地域の中小事業者の課題解決支援に向け、平成27年10月に開設し、月1回で現在は原則毎月第2水曜日に同金庫の本店、4支店で持ち回りで開催している。マーケティングの専門家が対応しており、これまでの相談件数は7月で201件となった。

相談の内訳は▽売り上げ拡大=86件▽事業承継=42件▽経営改善=30件▽ホームページ作成=28件▽税務相談=20件▽創業=16件――などと幅広い相談を受けている。

昨年度は、南房総市内のすし店から売り上げ拡大の相談を受け、顧客ターゲットを明確化した上で、国の補助金申請や看板、リーフレット、ホームページ作成を支援し、売り上げアップにつなげた例もあったという。

同金庫の担当者は「他地域のサテライト相談所に比べ、利用者が多く、多くの中小企業者の経営課題の解決のお手伝いができたと感じている。相談者からも好評なので、今後も多くの方に利用していただきたい」と呼び掛けている。

相談は無料で、次回は8月7日に鴨川支店で開催される。希望者は最寄りの同金庫窓口か、同金庫経営支援部へ。

問い合わせは、館山信用金庫経営支援部(0470―29―3015)へ。

【写真説明】サテライト相談所の相談の様子=館山

7月25日20時00分 619
Copyright (C) 2007 Bonichi. All Rights Reserved