ニュース » 記事詳細

「南房総ゼミ」で交流へ

南房総市で明治大学情報コミュニケーション学部の学生らが展開した「南房総ゼミ」の振り返りイベントが、8月9日に同大駿河台キャンパス(東京都千代田区神田駿河台)グローバルフロント1階グローバルホールで開かれる。

同学部の内藤まりこ専任講師のゼミ学生が、南房総市の著名人の生き方を現地取材し、書籍として出版した。

南房総市での交流は4年目。参加した学生らが将来、同市で起業や移住をしてもらうような構図も狙っている。

東京都内のイベントでは、これまでのインタビュー対象の人や南房総市役所の職員とともに、4年間のゼミの活動を振り返り、大学と地域との関わりを議論するという。

イベントは午後4時から6時まで。予約は不要。

懇親会は6時20分から、同キャンパスグローバルフロント17階グローバルラウンジで。こちらは30日までに、メールで連絡する。料理人ユニット「akirindo」による南房総の食材を使った料理を楽しむ。立食形式での懇親会。使用される南房総の食材は▽百姓屋敷じろえむ=卵やマヨネーズ、有機野菜▽大紺屋農園=無農薬イタリア・タイ野菜▽近藤牧場=牛乳、乳製品▽sand cafe=コーヒー豆――となっている。

懇親会の申し込みはメール(minamibososeminar2019@gmail.com)で。

7月27日20時00分 673
Copyright (C) 2007 Bonichi. All Rights Reserved