ニュース » 記事詳細

被爆地の報告も

館山市被爆者同友会(谷口直会長)主催の「2019安房反核フェスティバル」が9月7日午前9時から、同市コミュニティセンターで開かれる。入場無料。

安房反核フェスティバル実行委員会が共催、房日新聞社などが後援している。

展示ホールでは、原爆写真と被爆者が描いた絵、「松尾あつゆきの原爆句抄」版画などを展示する。

第1集会室では、え〜ころ?バーバンズの歌(午前10時)、あわの実の人形劇「泣いた赤鬼」(同20分)、赤岩貫司さんのマジックショー(同35分)、庄田美樹子さんの絵巻物語り「地獄のそうべい」(11時)、佐伯好江さんの朗読(同15分)の他、恒例のすいとん食堂(正午から30分間)も。

被爆地の報告(午後1時)は、少年平和大使、武士俣拓真さん(館山二中1年)の「僕が見てきた 被爆地長崎」、被爆者遺族の片野義雄さんの「広島市平和式典に千葉県代表として参列して」を予定。

午後2時からは、遠藤久江さんの独唱「歌で伝えよう 平和の思い」がある。

午後3時半まで開場。

問い合わせは、事務局の古畑玲子さん(0470―23―3869)へ。

8月27日20時00分 695
Copyright (C) 2007 Bonichi. All Rights Reserved