ニュース » 記事詳細

地元富士≠フ美

鴨川市曽呂地区にそびえ「曽呂富士」と呼ばれる、房州低名山の高鶴山(標高326b)に沈む夕日を、同市の鈴木玲子さんが撮影した=写真=。

鈴木さんは、同市代の鴨川日東バスの「二子入口」バス停から撮影。鈴木さんによると、夏至のころ、太陽が右手裾野方面に沈む。年に2回ほど、高鶴山の山頂に太陽が沈むタイミングがあるという。

本家の富士山にかかるダイヤモンド富士は、内房側の名物だが、こうして地元富士≠ノ沈むダイヤモンドも美しい。

9月2日20時00分 777
Copyright (C) 2007 Bonichi. All Rights Reserved