ニュース » 記事詳細

10月に鴨川市民ギャラリーで開催される「房総の児童・生徒選抜100人書道展」の作品募集が締め切られた。集計の結果、今回は南房総地域の小中高校生から合わせて561点が寄せられた。今後、審査を行い上位各賞が決まる。

元高校教諭の川嶋毛古さんを代表に教え子たちが集まり、書の研さんを行っている古郷書法院が主催。地域書道の活性化や新しい書文化の発信、若い才能の発掘、書に対する興味関心を高めることなどを目的に平成23年から開催、今年で9回目となる。

房総エリアの小中高校生を対象に、今月1〜6日を期間に、半切の作品を募集。小学生から287点、中学生101点、高校173点の合わせて561点が集まった。

今後行われる審査では、展示する100点を選抜。大賞3点、準大賞7点、優秀賞10点、特別賞1点(高校3年生の特に優秀な作品)を決定する。

選抜100点は、10月26、27日に鴨川市民ギャラリーで行われる。27日午後2時からは会場で表彰式が開かれる。

9月13日20時00分 773
Copyright (C) 2007 Bonichi. All Rights Reserved