ニュース » 記事詳細

台風15号による停電について東京電力パワーグリッドは13日、安房4市町では復旧にかかる期間が2週間以内となる見通しを示した。現状でも住民は厳しい状況に追い込まれている中、さらに長期化する見込みで、深刻な影響が懸念される。

停電の復旧までの見通しについて同社では、地域全体でおおむね復旧が見込まれる期間として@3日以内A1週間以内B2週間以内――の3つの区分に地域分け。安房の4市町はいずれもBの地域に区分された。2週間以内とされたのは安房地域だけ。

Bの地域は、広範囲に甚大な設備被害があり、点検・確認から工事着手・完了、復旧まで相当の作業と時間がかかる地域だという。

復旧の見通しの長期化を受け、館山市の金丸謙一市長は「すでに我慢の限界に達しておられる市民の皆さまにさらなる負担がのしかかることが残念でなりません。館山市としては、停電が継続される地域の市民の皆さまに対しては、これまで以上に重点的に、かつ全力で生活支援をしてまいります」とコメントした。

9月14日20時00分 1,389
Copyright (C) 2007 Bonichi. All Rights Reserved