ニュース » 記事詳細
ご飯や味噌汁を受け取る住民=南房総

学校給食センターから 南房総

南房総市は19日、同市富浦町原岡の原岡区公会堂で、炊き出し≠行った。台風15号の災害支援として、同区の住民に炊きたてのご飯とみそ汁を配布した。

同日時点で、原岡地区の約400戸の一部で停電が続いていることから、地域の困っている人たちのためにと実施。同市珠師ケ谷に続いて2回目となった。

この日は、丸山学校給食センターで炊いたご飯とキムチ入りのみそ汁を約50人分届けた。公会堂には住民らが集まり、その場で食べられるようにと、テーブルといすも用意された。

90代の女性は「こんな台風の被害は初めての経験。ずっと停電していたから、炊き立てのご飯は久々で、とってもおいしい。仲間の元気な顔も見られて良かった」と笑顔を見せていた。

同区の岡?靖区長(65)は「地域の実態に応じて動いてくれて、大変助かり、感謝しています」と話していた。

同市では、状況を判断しながら、同様の取り組みの継続を検討している。

【写真説明】ご飯や味噌汁を受け取る住民=南房総

9月23日20時00分 900
Copyright (C) 2007 Bonichi. All Rights Reserved