ニュース » 記事詳細

介護を身近に感じ、理解を深めてもらうことを目的とした「たてやま かいご フェスタ」が11月16日、イオンタウン館山で開かれる。セントラルコートで多彩な演目が披露される他、コミュニティホールで福祉用具の体験や介護相談ブースも設置され、楽しみながら介護を学ぶことができる。

介護やリハビリなどの通所サービスの事業所で組織する「館山市通所サービス事業所連絡協議会」が主催するイベント。職員向けの研修会を企画する他、広く地域に介護をアピールするために同イベントを開催しており、今回で3回目を迎える。

セントラルコートで介護施設でのボランティア活動をするサークルや団体が歌や演奏、ダンスを披露。三味線の勝八会やえーころ●バーバンズ、館山市立第三中学校吹奏楽部による演奏などが予定されている。コミュニティホールで、介護用ベッドの体験、手すりや歩行器の紹介、電動車いすの試乗などがあり、介護支援専門員が介護相談ブースで対応。パラスポーツ「ボッチャ」体験会、ロコモ測定会、「かいご写真展」の投票なども企画されている。

台風被害の復興支援として当日の募金活動と協賛金の一部も合わせた義援金の寄付も行われる。時間は、午前10時から午後4時まで。問い合わせは、たてやまかいごフェスタ実行委員会(0470―28―4601)へ。

10月18日20時00分 693
Copyright (C) 2007 Bonichi. All Rights Reserved