ニュース » 記事詳細

災害復興本部も立ち上げ

南房総市は、台風15号、19号により被災した市民の復興支援に当たるため、きょう29日付で総務部内に「復興支援課」を設置する。これに伴い、25日付で人事異動を内示。参事兼課長に中山泰広氏(現市民課長)が任命された。市民課長は市民部長の奥澤基一氏が兼務する。

同課は、復興支援係と災害廃棄物係の2係体制総括者の参事兼課長1人、課長補佐兼係長2人を含む専任8人、他部署との兼務5人の計13人で構成。市役所別館1に執務室を置き、業務に当たる。

業務は、台風15号と19号による復興支援、災害廃棄物に関する内容で、被災者への支援策の調整や支援情報の周知なども行う。

また、29日付で石井裕市長を本部長に「災害復興本部」も立ち上げる。災害対策本部での応急復旧対策に加え、今後は災害復興に軸足を移して業務も行う。

10月28日20時00分 910
Copyright (C) 2007 Bonichi. All Rights Reserved