ニュース » 記事詳細
鋸南町の白石治和町長に見舞金を手渡す利田理事長(左)=鋸南

台風15号、19号の被害を受け、館山信用金庫(利田秀男理事長)は、営業店が所在する6市1町に、災害見舞金10万円をそれぞれ寄付している。利田理事長が、各市町を訪問し、それぞれの首長に見舞金を手渡している。

今回の台風被害を受け同金庫では、同金庫と信金業界から届いた支援物資を被害の大きかった地域に配布。職員を災害支援ボランティアとして館山、南房総市、鋸南町に派遣するなど支援活動を展開。

災害支援相談窓口をいち早く開設し、資金繰りなどの相談に対応している。窓口では募金も11月末まで、呼び掛けている。

利田理事長は「今回の台風15号、19号により被災された皆さまに心よりお見舞い申し上げます。一日も早い復旧・復興をお祈りするとともに当金庫としましても地域の復興に向けて全力で支援してまいります」とコメントしている。

【写真説明】鋸南町の白石治和町長に見舞金を手渡す利田理事長(左)=鋸南

11月1日20時00分 504
Copyright (C) 2007 Bonichi. All Rights Reserved