ニュース » 記事詳細
館山を訪れた李鎮長(中央)ら=館山

館山

台湾・宜蘭県にある町・蘇澳鎮の李明哲鎮長らが30日、館山市を訪問。今年2月に蘇澳鎮を訪れている金丸謙一市長らの歓迎を受け、今後の都市間交流に向けて友好を深めた。

台湾北東部にある宜蘭県の東部にあり、人口4万人弱の海辺の町。漁業、観光業が盛んで、館山との共通点も多いという。

インバウンド(訪日外国人)の誘致に向けたトップセールスで、金丸市長ら同市関係者が台湾に行った際に、蘇澳鎮の役場を訪問し李鎮長を表敬しており、今度は李鎮長はじめ蘇澳鎮の関係者13人が館山に訪れた。

渚の駅たてやまで歓迎式があり、金丸市長、市観光協会の館石正文会長、インバウンド協議会の小金晴男会長らが出迎えた。

金丸市長は「ようこそ館山へ。またお会いできてうれしい。蘇澳鎮は海が素晴らしい。館山も海のまち。これからも長くお付き合いしてもらえば」と歓迎。

李鎮長は「海洋活動で館山と交流していきたい。訪問を通じて互いの観光産業を強化できるよう友情を深めていきたい」と話した。

【写真説明】館山を訪れた李鎮長(中央)ら=館山

11月2日20時00分 485
Copyright (C) 2007 Bonichi. All Rights Reserved