ニュース » 記事詳細
5500人の来場者でにぎわう会場=館山

5500人が海辺の休日楽しむ

館山湾をバックにマーケットを楽しむ「北条海岸ビーチマーケット」(館山市海岸活性化プロジェクト推進協議会主催)が3日、館山市の北条海岸芝生広場で開かれた。台風被害からの復興と同市市制80周年記念を兼ねたイベントで、地域内外から飲食や雑貨の店舗が100ブースで出店し、約5500人が来場して海辺の休日を過ごした。

同市内の民間業者と同市観光みなと課が協働で取り組んでいる海岸活性化を目的としたイベント。観光客の減る6月と11月に開催しているが、台風被害からの復興を呼び掛けた今回は、過去最大の出店者と来場者となった。

午前10時の開始と同時に、まるごみ館山やスポーツなどの複合施設を営むシーデイズが約100人でビーチクリーンを実施。タピオカドリンクやハワイアンフードなど国際色豊かな飲食店や、手づくりアクセサリー、陶器、アロマクラフトなどの物販が出店した。全出店ブースに募金箱を設置し、地元農産物を景品としたゲームや農産物の販売ブースも参加者でにぎわった。

海辺の環境を生かしたマッサージなどの施術体験のブースも多く、体験した50代の女性は「昨日家の片付け作業をしていたので、少し楽になりました」。JR東日本千葉支社によるくじ引きで、1万円の宿泊補助券を当てた40代の女性も「どこへ行こうか楽しみです」とガッツポーズで喜んだ。

同協議会の小割洋一会長は、「あいにく雨が時折降る一日でしたが、ビーチマーケットとして何ができるか考えた2か月。少しでも地域の人の元気につながったら本望です」と出店や来場への感謝を語った。

【写真説明】5500人の来場者でにぎわう会場=館山

11月5日20時00分 681
Copyright (C) 2007 Bonichi. All Rights Reserved