ニュース » 記事詳細
見舞金を贈られた4区長ら=鋸南

4行政区に25万円ずつ

鋸南町の勝山漁業協同組合が22日、組合員の地区別組織に相当する4行政区に、見舞金を25万円ずつ贈った。4行政区とも台風15号の被害が甚大で、地域の集会所も被災している。この日は4人の区長(一部は代理)が組合事務所を訪れ、舟寳康行副組合長から見舞金を受け取った。

同組合が15号の後の理事会で見舞金の贈呈を決めていたが、復興への取り組みが長引く中で、この日の贈呈となった。

組合には地区別の組合員組織として、仁浜水産、内宿水産、竜島水産、岩井袋水産の4団体がある。組合員数が異なることから、今回は同じ区分の行政区に寄贈した。

鋸南町の沿岸地域のこの4行政区は特に被害が甚大で、直後はテレビなどのマスコミ取材も大勢入った。この日は、被災直後の苦労話やマスコミ対応に追われた話、ボランティアが大活躍してくれた話などで、2か月前の被災の様子を振り返った。

区長らは「住民は今も困っている。使い道をよく考えて使いたい。25万円は大変ありがたい」と口をそろえた。

【写真説明】見舞金を贈られた4区長ら=鋸南

11月23日20時00分 718
Copyright (C) 2007 Bonichi. All Rights Reserved