ニュース » 記事詳細
ツアー客を出迎える館山信金の職員ら=鴨川

館山信用金庫など県内5信金(千葉、銚子、東京ベイ、佐原)が連携した観光誘客の取り組みでこのほど、山梨県の甲府信金(本店・甲府市)によるツアー客計422人が南房総に訪れた。

信金ネットワークを生かし、全国の信金に県内の観光地を訪れるツアーを提案し、顧客の旅行者を誘致している。2011年に活動を始め、これまで誘致した旅行者は2万2000人を超えている。

甲府信金のツアーは、鴨川シーワールド、誕生寺、大山千枚田などを巡る1泊2日の旅。3班に分かれて、計422人が訪れた。

宿泊場所の鴨川市の鴨川ホテル三日月では、5信金を代表して、館山、銚子信金の職員らが法被を着て、旅行者らを出迎えた。

館山信金の利田秀男理事長は「県内の信用金庫が協力しての観光誘致活動で、多くの観光客が南房総地域に訪れている。一日も早い台風被害からの復旧、復興に向けて、今後も地域の金融機関として活性化に貢献したい」と話している。

【写真説明】ツアー客を出迎える館山信金の職員ら=鴨川

11月25日20時00分 606
Copyright (C) 2007 Bonichi. All Rights Reserved