ニュース » 記事詳細
2月1日から季節運航される高速ジェット船

季節運航 館山

東京・竹芝―館山―伊豆大島を結ぶ、東海汽船の高速ジェット船「セブンアイランド」の季節運航が2月1日から始まる。今年は新たに、館山を昼前に出発する東京行きの便が新設された他、大島での乗り換えなしで熱海まで行けるようになった。

東京―館山間を75分、館山―大島間を55分で結ぶ高速ジェット船。今年は館山から熱海まで大島での乗り換えなしで、110分でアクセス可能になった。

今年は館山から東京に行く便も充実。これまでは館山を夕方に出る便しかなかったが、午前11時30分(2月10日〜3月10日)と午後4時15分に出る便になった。

往復切符は、4800円。東京発は午前8時発と午後1時5分発(2月10日〜3月10日)の便があり、基本的に翌日以降に帰ってくる形になる。

館山から熱海までの航路では、「館山発熱海観光きっぷ」ができた。片道乗船券と熱海市内の観光名所を巡るバスの一日乗車券がセットになっており、料金は大人3800円。大島で乗り換えが必要になるが、熱海を午前8時50分発の帰りのプランも設けられている。料金は大人4500円。

定番の館山から大島に向かう日帰りツアーは、大人6800円から用意されている。3000円の往復切符もある。温泉ホテル宿泊オプションは1万円から。運航初日の1日から7日までは館山市民号として6300円のお得な日帰りプランもある。

季節運航は3月22日までの51日間で、館山夕日桟橋から毎日運航される。ツアーなどは館山市内の5旅行業者で取り扱っている。予約や詳しい料金などの問い合わせは、各旅行業者か東海汽船お客様センター(03―5472―9999)へ。

旅行業者は次のとおり。

▽コスモ観光(0470―23―7353)▽ジェットストリームトラベル(22―5930)▽ナギレン観光(22―5796)▽日東交通館山営業所(29―7782)▽房日観光(25―5505)

【写真説明】2月1日から季節運航される高速ジェット船

12月31日20時00分 1,357

各ページに掲載の記事・写真・図表など無断転載を禁じます。著作権は房日新聞社または情報提供者に属します。

Copyright (C) 2007 Bonichi. All Rights Reserved