ニュース » 記事詳細
110番通報のシミュレーションをする買い物客=館山

適正利用を呼び掛け

館山署(川口光浩署長)は 「110番の日」の10日、イオンタウン館山店で街頭キャンペーンを実施。買い物客らに110番の正しいかけ方や適性利用を呼び掛けた。

キャンペーンは、イオンタウン館山ATMコーナー付近でパトカーの展示や移動交番を開設し展開。警察官16人が参加し買い物客らに啓発物資を配布しながら適正利用を呼び掛けた。

移動交番ではビデオを見て「110番」か警察相談電話「#9110」に電話するシミュレーションがあり、多くの家族連れや買い物客らが挑戦。110番の適正利用について考えた。

同署では「緊急性のあるものは110番、生活など悩みや相談ごとなど緊急性の低いものに関しては#9110や近くの警察署にかけるようにしてほしい」と呼び掛けている。

【写真説明】110番通報のシミュレーションをする買い物客=館山

1月11日20時00分 496

各ページに掲載の記事・写真・図表など無断転載を禁じます。著作権は房日新聞社または情報提供者に属します。

Copyright (C) 2007 Bonichi. All Rights Reserved