ニュース » 記事詳細
セミナーのチラシ

24日 南房総

南房総市の「南房総産ビジネス倶楽部(MBC)」は、24日午後2時から三芳農村環境改善センターで「商品開発・販路開拓セミナー」を開く。農商工連携の第一人者・羽根拓也氏(アクティブラーニング代表取締役)を講師に、昨年行われた「にっぽんの宝物JAPANグランプリ」の振り返りと、プレゼンテーション力向上の秘訣(ひけつ)を講じてもらう。受講は無料。農林水産物を扱う事業者が対象で、22日まで参加者を募集している。

市内の農林水産物を使って事業を展開しようとする事業者をサポートしようと、市が運営しているMBC。セミナーは、農商工の連携による効果を知ってもらうことなどを目的に実施していて、12回目となる。

講師の羽根氏は、第1〜3次産業事業者をコラボレーションし、新商品の開発や販路拡大の機会を促進するコラボネットワーク≠フ仕掛け人として、高い評価を受けている。

JAPANグランプリは、コラボで開発された商品をにっぽんの宝物≠ニしてPRしようと、羽根氏がプロデュースしている大会。昨年12月に都内で開かれ、同市内からも3つの商品が出品され、上位各賞を受賞した。

今回のセミナーでは、同グランプリを振り返り、入賞事業者を例に、相手の心に響く話し方、顧客に商品をうまく説明できるプレゼンテーションのコツなどについて講話してもらう。午後5時ごろまでの予定。

MBC会員だけでなく、市内で農林水産業を営む人、農林水産物の流通・加工業を営む人、農林水産物やその加工品の販売業を営む人が対象。

申し込み用紙は、市のホームページから入手できる。

詳しい問い合わせや申し込みは、MBC事務局の南房総市農林水産課地域資源再生室(0470―33―1073)へ。

【写真説明】セミナーのチラシ

1月13日20時00分 755

各ページに掲載の記事・写真・図表など無断転載を禁じます。著作権は房日新聞社または情報提供者に属します。

Copyright (C) 2007 Bonichi. All Rights Reserved