ニュース » 記事詳細

各小中校の代表作500点を審査

安房地域の子どもたちの作品が並ぶ「技術・家庭科作品展」(県教育研究会安房支会技術・家庭科教育研究部会、安房地方技術教育センター主催)が、25、26日の2日間、館山市の安房教育会館で開かれる。小学生が家庭科で、中学生が技術・家庭科で取り組んだ作品が展示される。

作品展示を通して、子どもたちの活動意欲の向上を図るとともに、技術・家庭科教育を推進するための教職員の研修を兼ねて、毎年続けられている。

各校の代表の作品が寄せられる。技術科で取り組んだ本棚やいす、家庭科でつくったエプロンやナップサックなど約500点を展示。教職員による審査も行われ、特別賞などを選出する。

時間は2日間とも、午前10時から午後3時半まで。父母や地域住民らの来場を呼び掛けている。

20年1月21日 903

各ページに掲載の記事・写真・図表など無断転載を禁じます。著作権は房日新聞社または情報提供者に属します。

Copyright (C) 2007 Bonichi. All Rights Reserved