ニュース » 記事詳細
南房総市社会福祉大会のチラシ

台風災害での活動報告も

第14回南房総市社会福祉大会(同市社会福祉協議会主催)が、2月8日午前9時半から、同市千倉保健センターで開かれる。福祉功労者などの表彰の他、昨年秋に発生した台風、大雨災害での災害ボランティアセンター、復興サポートセンターの活動報告が行われる。入場無料。

テーマは「みんなが笑顔になるために、今こそ地域のささえあい」。同市などが後援し、市内の各種団体が協賛している。

式典では、福祉功労者と福祉作文、赤い羽根募金箱コンクールの入賞者を表彰。福祉作文で最優秀賞を受賞した児童、生徒が作文を発表する。

大会宣言後の11時から、同協議会職員が昨年の台風15号と19号、大雨で被災した人らへ向けた災害ボランティアセンターと復興サポートセンターでの活動を報告する。

同20分から、同市で支援を続けるボランティア団体、一般社団法人「BIG UP」の松本祐樹氏が記念講演する。

同団体は、地震や豪雨などで被災した全国各地で、地域の支援団体と協力し、ボランティア活動を展開。同市では、地域の支援団体の他、「チーム中濃」「BORDERLESS FIRE」「UPeace」などのボランティア団体と連携して支援活動をしている。

同団体の石巻専務理事兼大阪代表を務める松本氏が、「思いをつなぐボランティアの活動支援〜いろいろな被災地で活動して〜」をテーマに語る。これまでの活動を振り返り、被災地でのボランティアについて講演。今後起こり得る大規模災害への対応について、考える場になればという。

問い合わせは、同市社会福祉協議会(0470―44―3577)へ。

【写真説明】南房総市社会福祉大会のチラシ

1月25日20時00分 728

各ページに掲載の記事・写真・図表など無断転載を禁じます。著作権は房日新聞社または情報提供者に属します。

Copyright (C) 2007 Bonichi. All Rights Reserved