ニュース » 記事詳細
さかなクンにお披露目されたマンホールのふた=館山

「渚の駅たてやま」などに設置へ

市制施行80周年を記念して館山市は、同市在住のふるさと大使の「さかなクン」のイラストを使った下水用マンホールのふたを製作した。渚の駅たてやま周辺に設置予定。4日に同施設でさかなクンにお披露目された。

ご当地マンホールで、下水道に関心を持ってもらうとともに、市の魅力のPR、渚の駅の誘客にもつなげようと製作した。蓋は中央のさかなクンを囲むようにタイ、アジ、イセエビ、ジンベイザメなどが配されたカラフルなデザイン。

4枚を製作。2枚は渚の駅の敷地内と入り口付近歩道の下水道用マンホールに10日ごろ設置の予定。2枚は渚の駅のさかなクンギャラリーと鏡ケ浦クリーンセンターに展示する。

この日は、金丸謙一市長も見守る中、マンホールがお披露目されるとさかなクンは「すギョ(ご)い。ありがとうギョ(ご)ざいます」と笑顔。「ぜひ皆さんにギョ(ご)覧いただきたい」と話していた。

【写真説明】さかなクンにお披露目されたマンホールのふた=館山

3月5日20時00分 943

各ページに掲載の記事・写真・図表など無断転載を禁じます。著作権は房日新聞社または情報提供者に属します。

Copyright (C) 2007 Bonichi. All Rights Reserved