ニュース » 記事詳細
南無谷トンネル=南房総

国道127号防災検討委で確認 南房総

国道127号の防災対策強化に向けた、国土交通省千葉国道事務所の「第2回国道127号防災対策検討委員会」がこのほどあり、整備優先度の高い南房総市の南無谷、小浜トンネルは、防災対策として東側に別線を整備することを確認した。

老朽化が進み、狭いトンネルや橋が多い国道127号の防災対策強化に向け、整備の優先度や対策工法を検討するため有識者、行政で組織されている委員会。

前回2月の第1回の委員会では、災害発生時にトンネルや橋の被災で孤立集落をつくる可能性がある区間について優先的に整備を実施することを確認。南無谷、小浜トンネルは優先度が高く、早期に防災対策事業を進めることとした。

小浜トンネル=同

今回は、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、会議形式を中止し、事務局が各委員に個別に説明する形で、整備優先度の高いトンネルの改修工法などについて書面審議した。

南無谷、小浜トンネルについては、現在の道路を迂回(うかい)したルート選定が可能で、施工時の一般交通への影響も少ないことから、現在の道路の東側に別線を整備することを確認。同工法で遅滞なく防災対策を進めていくこととした。

【写真説明】南無谷トンネル=南房総

【写真説明】小浜トンネル=同

20年3月14日 1,537

各ページに掲載の記事・写真・図表など無断転載を禁じます。著作権は房日新聞社または情報提供者に属します。

Copyright (C) 2007 Bonichi. All Rights Reserved