ニュース » 記事詳細
実証運行のチラシ

4月1日から実証運行

鴨川市と君津市を結ぶ特急バス「君鴨ライナー号」の実証運行が、4月1日から9月30日までの期間でスタートする。鴨川有料道路・房総スカイライン経由の内房と外房のアクセスを改善する路線で、利用者のニーズなどを検証する。

鴨川市内の基幹病院「亀田総合病院」や人気レジャー施設「鴨川シーワールド」、宿泊施設などと、羽田空港路線や内房線への乗り換えが可能な君津市内の停留所をつなぐ路線。通院・通学・通勤や観光で訪れる人々の速達性を向上したアクセス改善を目指している。

運行会社は、鴨川日東バス(本社・鴨川市、土田真代表取締役社長)。1日4往復を大型バスで運行し、亀田病院―鴨川シーワールド―安房鴨川駅(西口)―鴨川市役所入り口―福祉センター前―(鴨川有料道路・房総スカイライン経由)―君津ふるさと物産館―君津バスターミナル―君津市役所―君津駅(南口)を結ぶ。

君津駅行きは、亀田病院を午前6時25分、9時55分、午後1時28分、4時半発、亀田病院行きは、君津駅を午前8時9分、11時32分、午後2時58分、6時26分発。所要時間は、最短で君津駅から亀田病院が67分、君津バスターミナルから鴨川シーワールドが52分。君津駅では内房線との乗り換え、君津バスターミナルは羽田空港行き、新宿行きとの乗り換えができる。

料金は、鴨川市内(亀田病院―福祉センター前)と君津市内(君津バスターミナル―君津駅)を結ぶ片道が1250円。鴨川市内と君津ふるさと物産館の片道が840円。君津市内と君津ふるさと物産館の片道が860円。君津ふるさと物産館のみ乗り降り可能で、それ以外は同じ市内は乗るのみ、降りるのみとなる。

実証実験に当たり、割引のある往復乗車券が販売となる。また圏外からの乗客向けに鴨川シーワールド入館券と往復運賃がセットになった「君鴨シーチケット」が、セブンイレブンやファミリーマートで限定販売される。

運行に関する問い合わせは、鴨川日東バス(04―7092―1234)へ。

【写真説明】実証運行のチラシ

3月24日20時00分 787

各ページに掲載の記事・写真・図表など無断転載を禁じます。著作権は房日新聞社または情報提供者に属します。

Copyright (C) 2007 Bonichi. All Rights Reserved