ニュース » 記事詳細
営業再開したシーワールド=鴨川

一部施設・プログラム中止で

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、臨時休館を続けていた鴨川市の鴨川シーワールドは、25日営業を再開した。一部施設の閉鎖やプログラムの中止もあるが、午前中から家族連れなどでにぎわった。

今月3日以来、22日ぶりの営業再開となったこの日は、午前9時の開館を前に約30人が列をつくり営業再開を待ち望んでいた。入り口では非接触型の機器を使って一人一人を検温。37・5度以上の熱がある場合は入園を断る対応を取った。

人気のシャチのパフォーマンスでは、スタッフが「感染症対策のため間隔を空けて座る」ことを呼び掛け、パフォーマンス開始。家族連れや若者らが巨大な体でジャンプするシャチの姿を写真に収めたり、豪快な水しぶきを浴びたりしていた。

シーワールドの担当者は「こうして来てくれるお客さまに感謝。ただ気が緩めない状況が続くので、お客さま、従業員ともに感染症対策を十分にとり営業に臨みたい」と話した。

シーワールドでは、営業再開に当たり当面、屋内施設のプログラムの中止や入館時の検温、各施設などにアルコール消毒液の設置、施設の扉を開放して換気を徹底するなどの感染症予防対策を取る。

【写真説明】営業再開したシーワールド=鴨川

3月25日20時00分 608

各ページに掲載の記事・写真・図表など無断転載を禁じます。著作権は房日新聞社または情報提供者に属します。

Copyright (C) 2007 Bonichi. All Rights Reserved